« 『J2なめてました』 (J2第11節 対富山戦) | トップページ | 生首キター »

2011年5月11日 (水)

パソコン節電策

「PCの消費電力はOS起動時が最大」 マイクロソフト、PC節電策を公開 (IT Media)

昨日のNHKニュースでも報道していたので見た方も多いでしょうが、マイクロソフトが財団法人電力中央研究所との検証結果として、パソコンの効果的な節電方法を公開しています。

節電には「モニターの輝度を下げる」「再起動を最小限にとどめる」「スリープ(スタンバイ)を活用する」というのは原則としては正しいので、そこに異議はないです。企業のパソコンだと一日中起動しっぱなしのことが多いので、うまくやると大きな効果が望めそうです。

けど、このレポート、意地悪な見方を出来なくもない(笑)。ここに検証に用いたPCのスペックが載ってるんですけど、Windows XPを購入時のメモリー512MBのまま使っている企業なんて実在するんですか。そんだけメモリーが少なければ始終ハードディスクをアクセスするから消費電力が増えるのは当然ですよね。そうやって考えるとこのグラフは意図的に「Windows 7は節電に最適!!」として乗り換えに誘導しているようにも見えます。

それに電源オフ時の待機電力はOSとは関係なくてハードウェアの設計次第ですが、この図表も素人さんが見たら、Windows 7が優れていると絶対誤解しますよね。

あと、Windows Media Playerの測定結果は企業にどう役立つのかとか、そもそもセキュリティパッチが不要ならOSの再起動も不要じゃんとか、ね。

まあ、私企業が噛んで作った報告ですから、営業効果を全く考えていないということはあり得ないでしょうし、その辺はお目こぼしでしょうか。

真面目な話、この節電策にあえて付け加えるならば、デスクトップの場合、

  • 背面に電源スイッチがある場合は帰宅時にオフにする(最近のメーカー製PCでは、スイッチは無いようですが......)。あるいはOAタップ側でオフにする/抜く。
  • OSのスクリーンセーバーは使わず、モニター側のハードウェア・スクリーンセーバーを使う。


を行うことをお薦めします。ノートPCの場合は

  • 積極的に電池で運用する。
  • 帰宅時はACアダプターを外す(電源オフ時でも暖かいアダプターだと効果ある)。


ですかね。

|

« 『J2なめてました』 (J2第11節 対富山戦) | トップページ | 生首キター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/51644269

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン節電策:

« 『J2なめてました』 (J2第11節 対富山戦) | トップページ | 生首キター »