« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月30日 (火)

ええ? ウけてるの??

龍馬もびっくり衝撃の後頭部 高知の超新星「カツオ人間」がネット民を一本釣り  (IT Media)


カットゥーオ君存亡の危機!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

宇都宮遠征記(写真多いです)

新宿より湘南新宿ラインで一路宇都宮へ。

2011082301

「グリーン車! そういうのもあるのか」というわけで750円払って着席。これはリーズナブルだね。ちなみにグリーン券を車内で買うと1000円。

2011082302

着きました。

2011082303

この通りをまっすぐに。

2011082304

あと何秒で渡れるという表示器。大阪以外で初めて見ました。

2011082305

有名餃子店?の行列。

2011082306

二荒山神社に上る。

2011082307

昇格祈願。

2011082308

こうやって見下ろすと門前町のような道の造り。宇都「宮」っていうくらいだからね。

2011082309

神社の向かいにある、挑戦的な看板の和菓子屋さん。

2011082310

通常の大福は売り切れだったので、夏季限定のしそ大福をいただきました。これは旨い!

2011082311

アーケード街の入り口にあったキャバクラ? のネーミングがあまりにヒドかったのでパチリ。

2011082312

完全にイっちゃっている美容室。

2011082313

2011082314

松が峰教会。ちょうど日曜のミサが終わったところで、中を見ることが出来ました。

2011082315

宇都宮駅のまわりは餃子屋が目についたが、アーケードあたりはなんとなく焼きそば屋さんが目につく。嫁に話したら「お好み焼き屋やラーメン屋の一メニューじゃなくて、『焼きそば屋』は珍しい」と言われた。確かに。

2011082316

2011082317

名物のポテト入りを食べたかったが、品切れとのこと(大福といい、まさかイナゴが...)で、肉焼きそばを注文。すごく普通です.........。

2011082318

ゴローちゃんはいません。

続きを読む "宇都宮遠征記(写真多いです)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

東京ガスは栃木SCを応援しています(J1第25節 対栃木戦)

いや、冗談じゃなくてね。こうだから。

2011082101

2011082102

もうね、栃木SC松田監督の計画通りの試合。あたしゃ「完敗だっぴょーん」と泣きながら帰りましたよ(嘘あり)。

グリスタのピッチは味スタをしのぐ荒れよう。東京は最後までこの芝に合わせることが出来なかった。パスはずれるわ、トラップは大きくなるわ、イレギュラーが多くて思わずハンドするわ、軸足が流れるからミドルシュートはボヨヨーンになるわ。なまじ自分たちのサッカーを貫こうとして術中にはまったと言えよう。

栃木はファウルも辞さないプレスで東京のミスを誘っていた。秀人のトラップミスと、パスミスで生じたスローインのマイボール(このときは東京の集中力が切れていた)からそれぞれショートカウンターで2点。そりゃこのピッチと選手個々の力関係を考慮すると至極まっとうな作戦だわな。

東京はというか、大熊監督が交代で流れを変えることが出来ないのは、もうあきらめるしかないか。この日はボランチが機能しなかったのに引っ張り過ぎたんじゃないかな。ナオや達也というスピード系ではなくて、中盤での散らしに問題があったと思うので(だって最近の梶山って、バックパスかサイドへのグラウンダーしかないんだもの)、もっと早い時点で上里を使うという手はなかったのか......。

最後ラッシュから1点取ったが、決して放り込みが多いとは感じなかった。データを調べたわけではないが、クロスをあげていたのは徳永だけでは? でもともかく、パスが通らないときのプランBがなさ過ぎるし、これだと昇格しても苦しいぞ。

遠征写真記は次回です。

 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

栃木戦行くよ

去年の情報だけど、一応仕入れた。肉肉してるなー。おっと、今年のはこっちか。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

(汗で)しょっぱい試合 (J2第24節 対草津戦)

試合開始前、売店で並んでいたときから汗が頭頂と背筋と脇腹と額から同時に噴き出してきて、「これはコンディション的に今日は内容は期待できないな」と思ったのだが、やはりその通りの展開。両方とも省エネモードな試合運びで、特に最初の20分くらいは非常に静かだった。東京の選手は暑さで頭が働いてないのか3人目の動きが少なく、頼みの羽生さんも消えている。草津も4-4のブロックを作って厳しい当たりで守るとこまではよいが、ボールを奪ったあとのカウンターに冴えが無く、チャンスらしいのは開始1分のシュートくらい。

試合が動き出したのは前半残り10分くらいか。高橋と草津の8番がやり合った頃から東京にスイッチが入って、そこから試合終了までは、ほぼ一方的に攻めていた。結局はPK(またもヤザーがPKゲット)による1点のみだったが、まあ今日はこれでいいんじゃないの? セットプレーでもう1点取りたかったけどね。ここは課題。大竹がいたら...と思う人もいたと思うが、セットプレーのためだけに使うわけにもいかないしねえ。

最後はナオとルーカスと達也を投入して2点目を取りにいき、チャンスも多く作ったが、リードされても前がかりにならなかった草津の厚い守備に阻まれてゴールならず。でもここで代わりに永里や坂田を使ったとしても何か変わるのかというと、さっぱりイメージが沸かないなあ。前回のエントリーの繰り返しになるけど、守備陣の層は決して厚いとは言えないのを監督はどうするか、それが後半戦の鍵になると思います。

ここからは写真です。

続きを読む "(汗で)しょっぱい試合 (J2第24節 対草津戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

J2プレーオフ方式内定

J2、PO方式固まる 4チームトーナメントで (スポナビ)

来季から導入予定のJ2プレーオフ。公表された案は自分の中で考えていた方式とほぼ一致なので、ほとんど文句はない。リーグ終了後に4試合もやるのは天皇杯やクラブ・ワールドカップを考えると無理だと思うので、ホーム&アウェイでないのは妥当。また、この勝敗決定方式だと上位チームはホームで試合を行えるのに加えて、普通に勝ちに行くかドロー狙いかという戦術の選択肢が増えるので、十分なアドバンテージと言えるだろう。「引き分け」というのが90分なのか延長ありなのか不明だが、たぶん前者だろう。

想像と違っていたのは、プレーオフ二回戦を中立地で行うという点。私はリーグ戦上位チームのホームで行うべきと考えていたからだ。中立地ってそう簡単には決められないでしょう? 例えば栃木と北九州が当たるとして、瑞穂かキンスタでやるの? それとも札幌ドーム? どうせならジョホールバルでやる? 冗談はともかく、本拠が近いクラブ同士なら国立でやってしまえば公平だが、遠いところの組み合わせだと、どこでやってもサポーターの交通手段や宿の確保、チケット販売、運営側の準備の面などから問題が出ると思うんだけど。せめて、3-6位の確定と同時に二回戦の候補地を発表するようにしてほしい。

ともかく、この方式だとリーグ戦の価値を保てると思うので、基本的には賛成したい。個人的には以前書いたように、「J2の中位クラブを次の年のナビスコカップに参加させる」の方が、終盤戦の活性化とレベルの底上げの両方できるのになあ...と思っているが。

 
 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

J2後半戦に向けて

アウェイ岐阜戦もテレビでだいたい見て、うん、まあ優勝はともかく昇格は大丈夫だな、というのが現時点での感想。ただこれは正真正銘の怪我の功名というのがなんと言うか...今は気にしないでおこう。

大竹洋平選手 セレッソ大阪へ期限付き移籍決定のお知らせ

今季、生で見た大竹はプレーも視野もちっちゃくて「この程度の選手なのかなあ...熊さんが使わないのも理解できるわ」という印象だった。それに現状2列目が羽生、ヤザー、草民で鉄板で、これにナオ、達也、ルーコンが控えているのだから割って入る余地はないと見ていた。まあ、セレッソだって2列目に清武、キム・ボギョン、倉田とかなり強力なメンツが揃っているので即レギュラーはないだろうが、清武とキムは代表で抜けることが予想されるので、このまま東京にいるより出場機会は増えるだろう。なのでこの移籍には大賛成である。ユース上がりの大竹にとって、環境を変えるというのも大きな勉強になるだろう。それにしても、ユース出身の選手が伸び悩むチームですな、東京は。

永里源気選手 期限付き移籍加入決定のお知らせ

しかし、入れ替わるような補強がまたアタッカーというのはどうなのよ?去年赤嶺を出して前俊を取ったときも思ったけど、整合性が取れてないような......。それにさすがにサンキュー坂田はあり得ないよな...いくら何でもスポニチの飛ばしだよね。

それより、心配なのは守備陣。コパ・アメリカを辞退したせいで、今野抜きのDFラインをどうするという宿題が残ったままである。例えば今日の日韓戦や9月のワールドカップ予選で今野が怪我したら?それよりもっとありそうなのが、芝が絶賛壊死中の味スタのピッチで森重なり徳永が怪我をしたら?ノースや柳楽が未知数なだけにここが一番の不安である。

 

★追記

20110810

マジだった...


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

R. I. P. 松田直樹

20110804

我が家で松田直樹というと必ず話題に上るのは、2005年シーズンの横国、マリノス対FC東京の試合。この試合ではナオが大けがして、ルーカスが頭を強打して意識不明になった、あの試合ですわ。

この試合はテレビで見ていた。試合途中の小競り合いだかセットプレーの場面だかで、松田がうちの栗澤を羽交い締めにするのが画面に大写しになったもんだから、「ちっちゃい子をいじめるなー!!」とツッコミを入れたのをよく覚えている。

松田という選手は強固で高くて速くて激しくて、敵に回すと本当にやっかいなDFだった。でも、狡猾なDFだったという印象は全然ない(そういうのは井原とか秋田とか、現役だと闘莉王)。上に書いた羽交い締め自体はほめられたことではないが、あまりにもおおっぴらで、審判の見えないところを狙って...という雰囲気はみじんもなかった。きっと裏表のない、一本気で、ある意味不器用な性格だったんだろう。それはGKをやる羽目になって、オシムさんに「新しい発見だった」と言わしめたプレーを見ても、そんな感じがした。

まったくもって、神様の考えることがさっぱり分からないです。
松田直樹選手、今は少し休んでください。

 

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

【小ネタ】土曜NHK BSでの磐田-ガンバ戦

2-1でガンバ大阪リードで、残り時間あと10分あまり。ガンバは交代枠を一つ残していて、これをどう使うか見ていたら解説の長谷川健太さん、

 

「ガンバには守備という概念がありませんからね」

 

概念レベルでないのかよ!さすが健太さん、かつてやはりNHKの実況で、某チームを「幼稚園サッカー」とぶった切っただけのことはある。

 

え? ♪鬼のパンツはギラバンツ戦?? しらんがな。

 

 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »