« J2後半戦に向けて | トップページ | (汗で)しょっぱい試合 (J2第24節 対草津戦) »

2011年8月12日 (金)

J2プレーオフ方式内定

J2、PO方式固まる 4チームトーナメントで (スポナビ)

来季から導入予定のJ2プレーオフ。公表された案は自分の中で考えていた方式とほぼ一致なので、ほとんど文句はない。リーグ終了後に4試合もやるのは天皇杯やクラブ・ワールドカップを考えると無理だと思うので、ホーム&アウェイでないのは妥当。また、この勝敗決定方式だと上位チームはホームで試合を行えるのに加えて、普通に勝ちに行くかドロー狙いかという戦術の選択肢が増えるので、十分なアドバンテージと言えるだろう。「引き分け」というのが90分なのか延長ありなのか不明だが、たぶん前者だろう。

想像と違っていたのは、プレーオフ二回戦を中立地で行うという点。私はリーグ戦上位チームのホームで行うべきと考えていたからだ。中立地ってそう簡単には決められないでしょう? 例えば栃木と北九州が当たるとして、瑞穂かキンスタでやるの? それとも札幌ドーム? どうせならジョホールバルでやる? 冗談はともかく、本拠が近いクラブ同士なら国立でやってしまえば公平だが、遠いところの組み合わせだと、どこでやってもサポーターの交通手段や宿の確保、チケット販売、運営側の準備の面などから問題が出ると思うんだけど。せめて、3-6位の確定と同時に二回戦の候補地を発表するようにしてほしい。

ともかく、この方式だとリーグ戦の価値を保てると思うので、基本的には賛成したい。個人的には以前書いたように、「J2の中位クラブを次の年のナビスコカップに参加させる」の方が、終盤戦の活性化とレベルの底上げの両方できるのになあ...と思っているが。

 
 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« J2後半戦に向けて | トップページ | (汗で)しょっぱい試合 (J2第24節 対草津戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/52456004

この記事へのトラックバック一覧です: J2プレーオフ方式内定:

« J2後半戦に向けて | トップページ | (汗で)しょっぱい試合 (J2第24節 対草津戦) »