« ストーンズの未発表ライヴが突然リリース | トップページ | クイーン重箱の隅アルバムガイド「イニュエンドウ」 »

2011年11月23日 (水)

大熊監督退任

大熊 清監督との来季契約について (東京公式)

このブログで分かるように、私は大熊監督不支持派だ。「選手が自分で考えること」を重視してきたことは分かるが、「考えること」を戦術・用兵面でサポートできているように見えなかったことと、今後のチームの伸びしろが見えなかったことが理由だ。後半戦は、個人能力で相手を押し切ってしまう試合(要は、つまらない試合)が多かったしね。

ただ自分は「大熊さん、自分から退くかもな」とは思ってた。そう思うようになったのは天皇杯2回戦(対FC鹿児島戦)の先発メンバーを見たときからだ。メンバーを落としても十分勝てる相手なのに、代表招集選手以外はリーグ戦の先発そのままで来た。リーグ戦の流れを変えないことを優先するのは、後ろに期限を自ら切っていて、短期目標(=昇格)のためのベストを尽くすこと、それは引き出しを増やすことではなく、いま持っている武器を強化することを選択したためと思ったからだ。

プロジェクトをやった方なら知ってると思うが、事前に合意したサービスレベル(SLA)以上のものを作ることは、過剰品質といってプロジェクト・マネジメント上は「不要なこと」に分類される。今年のFC東京のSLAは下記の3点だったと思っている。

1) J1昇格
2) J2優勝
3) 強くなってJ1に戻る

大熊さんは 1) と 2) については完璧にSLAを達成した。3) の評価は人それぞれだと思うが、これは客観的な答えは永遠に出ない。たとえ来年優勝しようが降格しようが、監督が留任だとしても選手は多数入れ替わるはずなので、基準が設定できないからだ。なので、プロジェクト・マネージャーとしての大熊さんは、適切な仕事をしたと言ってよいでしょう。大熊さん、どうもありがとうございました&お疲れ様でした。

(しつこいですが、この人事の評価は全然別の話ですよ。そして、この手の絶対に結論が出ないことをあーたらこーたらグダグダと言い合うのが、サッカーの面白いところだと思っています。)

↓その他のFC東京ブログはこちら。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« ストーンズの未発表ライヴが突然リリース | トップページ | クイーン重箱の隅アルバムガイド「イニュエンドウ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/53306391

この記事へのトラックバック一覧です: 大熊監督退任:

« ストーンズの未発表ライヴが突然リリース | トップページ | クイーン重箱の隅アルバムガイド「イニュエンドウ」 »