« 疲れましたねえ (天皇杯3回戦 対神戸戦) | トップページ | 東京なめんなよ »

2011年11月18日 (金)

クイーン重箱の隅アルバムガイド「ザ・ミラクル」

The Miracle (邦題『ザ・ミラクル』) 1989年発売

The_miracle_2

この重箱の隅ガイドを書き始めたきっかけは、クイーンがEMIを離れてユニバーサルに移籍したことなのですが、そのEMIが分割買収され、事実上消滅することになってしまいました。この記事にある図が一番わかりやすいのではないかと思います。レコード会社やら金融やらハードディスクやらいろんな業界で寡占化が進み、その結果どこか一社が傾くと甚大なインパクトが発生する、と。それでいいのか?

さてここからはCD時代です。1988年の秋に渋谷宇田川町輸入盤屋エリアの横綱、タワーレコードがLP売り場を大幅に縮小し、完全にCD中心に模様替えしました。もう一方の横綱Ciscoは、すでに大型CD専門店Friscoを東急ハンズ真ん前にオープンしていましたが、やはりタワーが決定打でした。新譜CDが2000円未満で買えるようになり、私もCDに完全移行しました。

tracks:
1. Party
2. Khasshogi's Ship
3. The Miracle
4. I Want It All
5. The Invisible Man
6. Breakthru
7. Rain Must Fall
8. Scandal
9. My Baby Does Me
10. Was It All Worth It

bonus EP:
11. I Want It All (Single Version)
12. The Invisible Man (Early Version with Guide Vocal, August 1988)
13. Hang On In There (B-Side)
14. Hijack My Heart (B-Side)
15. Stealin’ (B-Side)
16. Chinese Torture (Instrumental)
17. The Invisible Man (12” Version)

2. の Khasshogi とは兵器商人の名前(存命)です。4. はこのアルバムからの最初のシングルで、11. にあるように、アルバムとシングルはミックスが異なります。この曲にはベスト盤 "Queen Rocks" に収録の第3のミックスがあるのですが、現在廃盤状態ですね。

初回発売の英盤CDにはボーナストラックとして13、16、17が収録されていました。クイーンは1986年を最後にツアーを止めているので、このボーナスEPにライヴテイクはありません。

このアルバムはクイーン後期を代表する傑作! 一番の特徴は作曲者がすべてクイーンで統一されたことでしょう。だれがどの曲を書いたかは聞けばすぐ分かりますが、ちょっと不気味なジャケットが象徴するように、4人がしっかりタッグを組んで作ったテンションの高い楽曲群が揃っています。この頃のフレディはパタリロのような下ぶくれ肥満状態で、「ツアーに出ないのはそのせいかな」と思っていました。もちろん違う理由だったんですけどね......。

「この人生に、もうやることなんて残っていなんじゃないか
 僕は目指してたことを成し遂げたのかな
 僕は幸せなのか。それとも砂に飲み込まれようとしているのか
 だいたい、すべては価値に値することだったのかな

 呼吸のようにロックンロールして、堕落しきった生活
 すべては価値に値することだったのかな

 バリに行って、神とダリに会ったよ
 とても神秘的でシュールだったね
 すべては価値に値することだったのかな
 心身ともに捧げて、徹夜ずくめの毎日
 すべては価値に値することだったのかな
 呼吸のようにロックンロールして、堕落しきった生活
 すべては価値に値することだったのかな

 ははは、実に価値ある経験だったと思うよ!」
- Was It All Worth It

この Was It All Worth It を聞いたとき、またもや「これでクイーン解散か...」と思いました。人生を振り返り総決算をするような曲は、クイーンの曲としては初めてでしたから(Fat Bottomed Girlsにも似た歌詞がありますが、あれはジョークでしょう)。この曲は主にフレディが書いています。この頃の彼は自身のHIV感染を知っており、「これが最後のアルバムになるかもしれない」と感じつつ作ったのかもしれません。

The Miracle - Queen Official (このクリップは何度見ても笑える傑作。フレディ役の子は後に俳優として成功したはず)

The Invisible Man - Queen Official (5インチのフロッピーが懐かしいぞ)

Was It All Worth It (piano cover)  この曲をピアノソロでやるとは、すげえな....

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

|

« 疲れましたねえ (天皇杯3回戦 対神戸戦) | トップページ | 東京なめんなよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/53258254

この記事へのトラックバック一覧です: クイーン重箱の隅アルバムガイド「ザ・ミラクル」:

« 疲れましたねえ (天皇杯3回戦 対神戸戦) | トップページ | 東京なめんなよ »