« エアロスミス東京公演1日目 | トップページ | 不死身のエアロスミス (東京公演2日目) »

2011年11月30日 (水)

クイーン重箱の隅アルバムガイド「メイド・イン・ヘヴン」

Made In Heaven (邦題『メイド・イン・ヘヴン』) 1995年発売

Made_in_heaven_1

tracks:
1. It's A Beautiful Day
2. Made In Heaven
3. Let Me Live
4. Mother Love
5. My Life Has Been Saved
6. I Was Born To Love You
7. Heaven For Everyone
8. Too Much Love Will Kill You
9. You Don't Fool Me
10. A Winter's Tale
11. It's A Beautiful Day (reprise)
12. Yeah
13. (untitled)

bonus EP
14. Heaven For Everyone (single version)
15. It's A Beautiful Day (single version)
16. My Life Has Been Saved (1989 B-side)
17. I Was Born To Love You (vocal and piano version)
18. Rock In Rio Blues
19. A Winter's Tale (Cosy Fireside mix)

このアルバムのジャケットは2種類あって、上にあるのがサンライズ・バージョンと呼ばれる通常CDのジャケットです。下はサンセット・バージョンと呼ばれるジャケットで、LPでのみ使われました。このジャケットは、後に日本盤第2期紙ジャケCD(2004年)で復刻されました。

Made_in_heaven_2

私の買った初回イギリス盤CDには、このようなワッペンが同封されていました。

Badge

このアルバムはフレディが「イニュエンドウ」後に録ったトラックに手を加えたものや、メンバーのソロ作の演奏を差し替えたものを中心に構成されています。ですが、残された録音の絶対量が不足しているのは明らかで、3. や 9. では、フレディの同じ声が何カ所も使い回されていますし、4. の三番でのブライアンのボーカルは唐突な印象です。かえってそれが、フレディの不在を強く感じさせる効果になっているのですが。

フレディのソロから持ってきた 2. と 6. はブライアンの趣味が強く出過ぎていて、クイーンらしくないアレンジ。一方ロジャーのプロジェクト The Cross から持ってきた 7. は、最初からクイーンのために録音してたとしか思えない、すばらしいアレンジです。特に"What people do to other souls"以降のフレディのテンションが上がっていくところは最高の出来です。

そういうアルバムなので、最初に聞いていたときには 8. の"Too Much Love Will Kill You"は、フレディ追悼コンサートでのライヴ録音(当然ボーカルはブライアン)を収録してるもんだと思い込んでいました。追悼のために作った曲だとばかりと思ってましたから。

そしたら...なんとフレディ自身が歌っているテイクを収録...。もう私はここで絶句でしたね(そしてのち、落涙)。世の中にはこんな皮肉なことがあるのかと。

- Too much love will kill you
 If you can't make up your mind
 Torn between the lover
 And the love you leave behind
 You're headed for disaster
 'Cos you never read the signs
 Too much love will kill you - every time

和訳する必要を感じない、とてもストレートな歌詞です。"Too much love will kill you." 、これ以上何を言えばよいのか。"Torn between the lover and the love you leave behind" の lover は男の愛人で、love は女の愛人と解釈することも可能ですね。もとは前々作「ザ・ミラクル」のための録音だったそうです。

Too Much Love Will Kill You - Queen Official

とにかく、同時代を生きていたバンドとしてのクイーンはこれにて終了。このアルバムでちゃんとケジメをつけることが出来ました。ポール・ロジャースとの共演もよかったですが、あくまでも別のものとして楽しみました。

今回をもってスタジオアルバムのご紹介は完結です。今後はライヴ盤や廃盤状態のもののご紹介を書いていきますが、とりあえず全体目次のページを作りました。よろしければご利用ください。当ブログの右上にもリンクがあります。

クイーン重箱の隅アルバムガイドまとめ



I Was Born To Love You - カップヌードルCM  この曲はずいぶんいろんなCM/タイアップがあったなあ。

最初に使われたCMはこれです。

Too Much Love Will Kill You (from the F. M. Tribute) - Queen Official
演奏としては、シンプルなこれが一番好きですね。

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

|

« エアロスミス東京公演1日目 | トップページ | 不死身のエアロスミス (東京公演2日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/53330658

この記事へのトラックバック一覧です: クイーン重箱の隅アルバムガイド「メイド・イン・ヘヴン」:

« エアロスミス東京公演1日目 | トップページ | 不死身のエアロスミス (東京公演2日目) »