« クイーン重箱の隅アルバムガイド「メイド・イン・ヘヴン」 | トップページ | よし、来年もジンギスカン確定か (J2第38節 対札幌戦) »

2011年12月 1日 (木)

不死身のエアロスミス (東京公演2日目)

東京ドーム公演2日目のセットリストはこう。

1. Draw The Line
2. Love In An Elevator
3. Toys In The Attic (*)
4. Jaded
5. Janie's Got A Gun
6. Livin' On The Edge
7. Big Ten Inch Record (*)
8. Drum Solo
9. Lick And A Promise
10. Hangman Jury
11. What It Takes
12. Last Child
13. Boogie Man (*)
14. Red House
15. Combination
16. No More No More (*)
17. I Don't Want To Miss A Thing
18. Cryin'
19. Sweet Emotion

アンコール
20. Home Tonight / Dream On
21. Train Kept A-Rollin'
22. Walk This Way

(*)印をつけたのが28日とは違う曲。13. の Boogie Man は28日もつま弾いていたような気がするけどね。大好きな Back In The Saddle か Rats In The Cellar を聴きたかったが、No More No More をやってくれたから、まあいいか。

この日は28日よりは客の入りがいい。私たちの席はアリーナ6列目くらいで、サイドに流れてきたスティーヴン・タイラー(以下、平さん)やジョー・ペリーの顔のしわまで分かる良席。このためにウドー・プレミアムメンバーズに入ったようなものだからなあ...、と宣伝。癌治療明けのトム・ハミルトンは顔が痩せてたなあ......。でも、トムの人柄が伝わってくるような笑顔を見せてのプレイでした。

しかしまったくもって、エアロスミスは化け物のようなバンドである。まあローリング・ストーンズを始め欧米のベテランにはその手が多いが、エアロスミスにはバンドとしての枯れた風情が全然ないというところが恐ろしい。平さんのステージアクションは相変わらず猥褻だし、ジョーイ・クレイマーのドラムソロは素朴なままだ。ステージ脇にはジンガイのデルモさんが多数いたが、その中に平さん63歳が埋もれて歌っても、全く違和感がないというのは一体何なんですかこの人は。

肝心の音も揺るぎない。 平さんは Cryin' で通路に降りて、客にもみくちゃにされながら歌っていたが、全く声がぶれない。まさか口パクじゃないだろな、と思うほどの安定ぶり。ジョー "f__king"・ペリーとブラッド・ウィットフォードは、ソリッドそのもののリフを刻み続ける。エアロスミスの音が横に流れないのは、この二人の作るグルーヴのおかげだが、ライヴになるとこれが特に効いてくる。レコードもいいけれど、ほんとライヴで真価を発揮するバンドだわ。

次は早く新譜が聴きたいですね。そして、そのツアーでまた来日してくれることを願います。

以下コンサートの小ネタです。

  • Sweet Emotion のイントロで平さんがシャカシャカ鳴らしてたのは、28日がマラカスで30日はシェケレ(俗に言うカバサ)。たぶん。
  • 30日の Last Child の歌の入りで、平さんフライング(上手くごまかしてたが)。エアロスミスのコンサートではよくあることw
  • 「コニチワ」とか「ドウモ!」という外タレは多いけれど、平さんは「スミマセーン」って挨拶するんだよな。どう考えても、 excuse me というタイミングじゃないので、ありゃ何のつもりだww
  • ジョー・ペリーは「こんな『オオキナタマゴ』でプレイできて嬉しい」と言ってました(『』内はこの通り日本語で言ってた)。いまどきビッグ・エッグなんて言わないのだが、誰が教えたwww
  • 上に書いた通り、Cryin' で通路に降りた平さん。勝ち力士がされるように客にバシバシ叩かれてたのだが、度を過ぎた奴がいたみたいで、一瞬ムッとしてましたwwww
  • 28日のアンコールで白いピアノの前に座った平さん。"Bennie And The Jets"というジョークを飛ばしたが、平松すべったので30日は何も言わなかったwwwww もちろん、「エルトン・ジョンの曲、歌っちゃうぞ」というギャグです。
  • 30日のアンコールで平さんが着ていたジャケットは、宇宙戦艦ヤマト。Home Tonight の前に1フレーズだけ歌ったのは、あの実写映画に提供した曲なのかな。

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

|

« クイーン重箱の隅アルバムガイド「メイド・イン・ヘヴン」 | トップページ | よし、来年もジンギスカン確定か (J2第38節 対札幌戦) »

コメント

うーん、うらやましい。
いいですね、エアロスミス。
PUMP世代としては”What It Takes”や”Janie's Got A Gun”の文字を見て頭の中をめぐり、あの頃の武道館を思い出しました。。。

投稿: シュート入らない | 2011年12月 1日 (木) 23時53分

(p_q*)
いいな〜 2回も観たんだ〜
私のスティーヴンはじじぃになってもイイ男でした?
今年はオシゴトが超多忙だから 諦めてチケット取らなかったら
今週はなぜかほぼ定時帰りで…水曜はたぶん間に合った…
AEROのチケット代は決勝までの天皇杯チケットに化けちゃいました
週末は吹雪の札幌であばれてやる〜

投稿: あかおに | 2011年12月 2日 (金) 01時03分

>シュート入らないさん
Pump、いいですねえ。観客を見ているとRocksの世代、Pumpの世代、「アルマゲドン」の世代といておもしろいと同時に、「どんだけ息が長いんだ、このバンド...」と驚嘆します。

>あかおにさん
ええーw(゚o゚)w 当日券は結構あったので、ドームにいらっしゃれば良かったのに...。
平さんはイイ男でしたよ。全然じじぃになってない! Bad Boyという言葉が似合う60代って貴重です。札幌には大人数のイナゴもとい東京ファンが集結してるみたいですねえ。雪にお気をつけて!!

投稿: thisiskwbr | 2011年12月 3日 (土) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/53379628

この記事へのトラックバック一覧です: 不死身のエアロスミス (東京公演2日目):

« クイーン重箱の隅アルバムガイド「メイド・イン・ヘヴン」 | トップページ | よし、来年もジンギスカン確定か (J2第38節 対札幌戦) »