« クラプトン&ウィンウッド武道館公演4日目 | トップページ | 柏レイソル、クラブW杯準決勝に進出 »

2011年12月 9日 (金)

今年のサプライズJ2編

例年なら私的ベストイレブンなんぞを書いている時期ですが、J2はNHKでは全然放送しないし、MXの放送枠は減っちゃうし、ケーブルのJ Sports 1のJ2は各節2試合くらいだったので、見た試合数が少なすぎて書けません。スカパーe2加入は10月になってからだしなー。なので、自分用メモも兼ねてシーズンで印象に残ったことを書いてみました。まずはJ2編トップ3。

(J1編を書くかは保証できませんが......)



第3位 北関東ダービーに優勝カップが用意されていると知ったこと

栃木の松田監督が「タイトル」と公言していたことにも驚きました。
今年の覇者は栃木なんだけど、草津の終盤の追い上げが凄くってかすんじゃったなあ。最終節でもボコボコにされたし。

でも栃木は東京にも強かったですね ...orz 。そういえばグリスタのピッチひどかったなあ...。一番荒れてた時期に当たるんだもんなぁ。私が行けた唯一のアウェイでしたが、スタグルメごちそうさまでした。


第2位 ギラパンツヴァンツ北九州の躍進

バトル・オブ・九州を無敗で制覇ですからね。北九州には東京もアウェイでしっかりやられましたわ。
正直言って、ヤス兄ちゃんには期待していませんでした。補強だって、そんなに大したことはなかったし。いまになってここを見ると、ホント先のことは分からないものだと実感します。
小倉駅前に専用スタジアム建設の計画も発表されたそうですし、ファンはいまが一番楽しい時期ですね。森村はどうするんだろ。


第1位 千葉、奇跡のまさかの2年連続J2残留を果たす

いま休止中の「いぬろぐ」さんで、ドロンパが「1年でJ1に帰れるなんて、甘い夢見てるんじゃねーよ!」とジェフィーさんに煽られたのも遠い記憶。シーズンの出だしはよくても、肝心な終盤に急降下って、なんで2年続けて同じことをやっているのかと。

J2では唯一の(J2はそういう世界なのね)シーズン中の監督交代。村井も茶野も福元も太田も放出...。これはひらつ化の道ではないのか? あ、味スタで食べ損なったソーセージ目当てに、来年はフクアリに行きます。



以下順不同で。人事関係ではこんな感じ

  • 鈴木隆行の水戸加入。しかもアマチュア契約。
  • ルーカスの引退声明&東京への復帰。
  • フランサの横浜FC加入(使い方が悪すぎるぞ、赤帽!)
  • こないだまでJ2にいて、結果も残せなかったカレン・ロバートが、オランダ1部リーグのクラブで10番をつけている。

ネタ関係はこう。

  • ヴェルディホームのダービーで動員2万9千人超え。にも関わらず、ホーム最終戦が4千人割れってどんだけー(死語)。
  • 大王製紙の不祥事。カジノ狂いのボンボンも大概だが、歯止めが利かないっていうのも会社としてどうなの.......来季の愛媛のスポンサーシップ大丈夫か?
  • 他にも住金と新日鉄の合併とか、東電撤退とか、岐阜の「ドルフィン」の件とか、ネタにするには重いクラブ株主/スポンサーのあれこれ。
  • 東京サポのイナゴ伝説、俺たちの国立でも新たな1ページを刻む
  • 前俊アッチョンブリケ。



そして松田.........(JFLだけど、松本山雅がJ2昇格濃厚なので入れた)




↓その他のFC東京ブログはこちら。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« クラプトン&ウィンウッド武道館公演4日目 | トップページ | 柏レイソル、クラブW杯準決勝に進出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/53434813

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のサプライズJ2編:

« クラプトン&ウィンウッド武道館公演4日目 | トップページ | 柏レイソル、クラブW杯準決勝に進出 »