« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月27日 (火)

CLASSICO なのか CLASICO なのか

レアル・マドリーとバルセロナの対戦を「エル・クラシコ」と言いますが、これはEl Clasicoと書きますね。正確には a のうえにアクサン・グラーブがつきますけど(小文字表記の場合のみ)。

一方、多摩川クラシコのページでは CLASSICO と綴られています。そこにはこんな記述が。


両クラブを分ける象徴である「多摩川」と、スペイン語でいう「伝統の一戦」の意味の「クラシコ」を合わせ「多摩川クラシコ」と命名しました。


スペイン語だとすると綴りミス? ま、イタリア語やポルトガル語だと CLASSICO と綴るので、そう言い張るのも手かと。重箱の隅が気になる筆者でした。

各国語の classic 一覧


.....え?東京クラシック?なんだか競馬みたいだなあ。(東京ダービーもそういやそうかwwwww)



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

「勝っただけ」とはいえ (J1第3節 対神戸戦)

スカパー! e2にてテレビ観戦。

東京の選手はかなりお疲れ気味で、激しい当たりが信条の神戸はかなりの難敵でした。ボランチの二人に、「またそこで秀人か~」みたいな運動量はないし、前線もパスを待って受けようとしてボールを奪われる場面が何回か。

幸運だったのは、神戸の激しい当たりが裏目に出て、肝心なところでファウルを取られることが多かったことですが、東京も悪いなりに勝ちきったのは成長と言えるでしょう。このレベルが相手ですから。特に、ロスタイムにカウンターでだめ押し点ゲットなんて、東京の試合で見た記憶、あまりないです。

次節はタッパー持参で参戦です。




↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

エピソード5 喜作の逆襲

いや、5じゃなくて第4節なんですけどね。

3/31(土)vsサンフレッチェ広島戦「青赤横丁」開催のお知らせ (FC東京公式)


3.喜作+TOKYO ~喜作の“完売“リベンジ出店!~

店主の予想をはるかに上回るFC東京ファンの「プラスティック容器」持参率に、スタッフのソーセージ”盛り”作業が追いつかなかった"あの"初出店から3カ月…
「今度こそ完売させたい!」という店主からの熱烈なアプローチを受けて、あの喜作が青赤横丁で”完売”リベンジ出店します!

今回は+TOKYO限定味の「大江戸しょうがみそ味」と、前回の2倍、”通常”の約4倍の「800kgのソーセージ」をみなさんのためにご用意しました!




もはや対戦相手も千葉とも、何の関係もない日に来るようになったのか…………。しかも800kgって…。それ0.8トンともいうのだが。




↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

あらま、もったいない (ACL第2節 対蔚山戦)

試合終了と同時に客席のあちこちから「もったいない」の声が。まあ、その通りですね。私もそう思います。後半は東京ペースだっただけにね。グループ内最強と目される蔚山現代相手なので、引き分けという結果はそんなに悪くないと言えますが、試合の終わらせ方と、失点が2点とも裏を取られた形だったのは大いに反省ですね。

米本は最初のうちはさすがに試合勘のなさを感じさせましたが、尻上がりによくなってました。今日は60分限定と決めてあったみたいな交代でしたが、次はもっと長くやれるでしょう。

ここからは写真とドロンパ動画です。

続きを読む "あらま、もったいない (ACL第2節 対蔚山戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

味スタに帰ってきた (J1第2節 対名古屋戦)

2012031701

J1が味スタに帰ってきた。

ナオゴールが味スタに帰ってきた。

米本が味スタに帰ってきた。

平山が味スタに帰ってきた。

そして、J1での「眠らない街」が丸2年ぶりに味スタに帰ってきた

(追記 : ジェフおじさんも帰ってきたw)

続きを読む "味スタに帰ってきた (J1第2節 対名古屋戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

JFKVFK (J2第2節 ヴェルディ対甲府)

J1復帰戦はNHK BSで見届けて(ナオのゴールが誤審で取り消されたのには、いまだに腹が立ってる)、今季初味スタはなんとヴェルディ戦。

試合は終始甲府ペース。甲府はリードするまでは高い位置でプレスをかけ続け、ヴェルディの足下パスをことごとく粉砕。奪ったボールは手早くサイドに運び、クロス中心にゴールに迫るシンプルな攻撃。特に甲府の右サイド、SB福田とMF堀米はなかなか魅力的。堀米選手は大竹や河野に似たところがある小兵の技巧派レフティで、いかにも城福さんが好きそうなタイプ。あと、ダヴィがダヴィなりに守備をしてたのにはちょっと驚いた。荻晃太はPKをいったん止めたり、後述の小林のシュートをセーブするなどキレキレだった。

ヴェルディは小林と中後のボランチコンビに注目してたのだが、中後が前半途中で負傷交代してしまったのが痛かったかも。パスが敵陣で3本以上つながった場面てあったっけ? 消えていた10番小林(実はこの選手、けっこう好きなタイプ)だったけど、後半のそれも終盤、ワンツーを絡めてドリブルで中央突破した場面はちょっと鳥肌ものだった。ただしシュートは荻がスーパーセーブ。ヴェルディらしいチャンスはこれだけだったかな。前線の阿部、ジョジマールにボールが渡ること自体が稀だった。

J1ももちろんですが、今年はJ2がよりいっそうおもしろそうです。次は4/8のヴェルディ対徳島戦を観戦予定。町田も1度は行きたいかも。

ここからは写真です。

続きを読む "JFKVFK (J2第2節 ヴェルディ対甲府)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

ニヤニヤが止まりません (ACL第1節 対ブリスベーン戦)

ケーブルのテレ朝チャンネルでテレビ観戦。

クラブにとって事実上初の海外遠征 (フアン・アクーニャ杯覚えてる?) 、おまけに20時間の移動なんて話もあったので負け覚悟、引き分け上等な試合だったのですが、2-0というスコアだけでなく、なんとなんと完全に内容でも上回る快勝。もう顔が緩みっぱなしです。いやあ、対アジアの試合で勝つのがこんなに気持ちいいなんて!!! ACL経験のあるサポが「あれはハマる」とよくおっしゃってますが、なんだか気持ち分かったわー。

東京はゼロックスの先発から4人変えてきて、徳永と長谷川はポジションが違ってましたから、なんと6箇所もいじって来るという驚きの布陣。城福さん時代の「日替わりセンターバック」も真っ青です。相手のブリスベーンが、シーズン真っ盛りとはとても思えないコンディションだったのに助けられた面もありましたが (正直、栃木の方が強くね?と思いますた) 、人数をかけてショートパスで狭い局面を突破していこうというサッカーが全員に浸透しつつある、そして十分通用することを再度証明した試合でした。選手個人だと「いやー、長谷川と高橋、ザックに拉致されるかも~」の出来でしたね。

まあ、ボールを持ってる割にシュートが少ないのには、大木さん甲府2007年版と同じ匂いがしてちょっと気になりかけましたが、まだJ1も始まってない段階で文句を言うのは僭越だわね。

遠方アウェイで勝利ゲットの現地参戦組がうらやまし過ぎます。オージー・ビーフやラムや有袋類 (違う) を食いまくったのかなあ。とにかく気をつけて帰ってきてください。家に帰るまでが遠足です。

で、ガンバがホームで0-3ってどういうことやねん。代表様センターバックは何しとったんや……。


追記:あかん、これを見て泣いてしまった……。


ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

俺たちのスポニチ

スポニチがまたやってくれました。


ブラジル人FWフランサ 清水の練習に参加 (スポニチ)


いや....まちがってないんだけどさ.......勘違いしたのは俺のせいだけどさ.............。





ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

J2チャンピオンズ・ファイナル2012感想 (ゼロックス杯 対柏戦)

違いますね。ゼロックス・スーパー・カップ感想です。

録画はちゃんと見ていないのですが、まず局面の話をすると、モリゲの与PKはいささか厳しすぎる判定で、ヤザーのシミュレーション認定は妥当だと思います。ヤザーがシュートを打つ姿勢を見せていたら、逆にPKゲット出来てたと思います。選手個人でいうと、長谷川は期待できそう。河野は時間短すぎて判断できず。むっくんはかなりよかった。ナオも順調。羽生さんは、あれは決めなきゃなんないでしょ。一方、太田の守備は結構ホラーな感じが......。

チーム全体としては、時間がなかった割には攻撃におもしろさが出ていたのではないかと。特に、試合序盤にショートパスの連続でチャンスを量産してたのは楽しかったです。もっとも、攻撃の開始時とフィニッシュ時で常に1手多い感じがつきまとったのと、パス出しに迷っているうちに相手に取り囲まれて奪われる場面が3、4度あったのは気になりました。その辺は今後改善していけばいいかと。

まだまだなのは守備というかリスク管理で、最初の失点が典型的だったけど、前のめりになりすぎてカウンターを食らうこと食らうこと。シーズン序盤は点は取るけど失点も多い、心臓に悪い試合が続きそうです。まあ、派手でおもしろい分にはいいか。


ここからは写真です。

続きを読む "J2チャンピオンズ・ファイナル2012感想 (ゼロックス杯 対柏戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

ふーん(日本対ウズベキスタン)

海外組のコンディションはそんなに悪くなかったように見えたが、それよりもウズベキスタンが良すぎたと見るべき。ウズベキスタンは25日に極東入りしているが、日本の海外組が揃ったのは試合前日なんでしょ。こういうこともあるさ。ザックもあえて戦術的指示をしていないように見えたし。

それよりよく分からないのは、最終予選のシード順についての論調。いろんなサイトで、今回の敗戦で最終予選の第1シードを外れそうなのが大事みたいに書いているが、

[現状]
第1ポット = 日本、オーストラリア
第2ポット = 韓国、イラン

 ↓

[たぶんこうなる]
第1ポット = オーストラリア、韓国
第2ポット = 日本、イラン

ということでしょ。実力が日本と拮抗する韓国、オーストラリア、イランのどれかと同じ組になるのは変わらないのだから、大して影響はないのでは? つうか、イランと同じ組にならない方(中東が一つ減る)が、遠征的にはメリットがあると思うのだけど。




ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »