« JFKVFK (J2第2節 ヴェルディ対甲府) | トップページ | あらま、もったいない (ACL第2節 対蔚山戦) »

2012年3月18日 (日)

味スタに帰ってきた (J1第2節 対名古屋戦)

2012031701

J1が味スタに帰ってきた。

ナオゴールが味スタに帰ってきた。

米本が味スタに帰ってきた。

平山が味スタに帰ってきた。

そして、J1での「眠らない街」が丸2年ぶりに味スタに帰ってきた

(追記 : ジェフおじさんも帰ってきたw)

前半の東京の選手は、「あれ?あれ?」の連続だったのではないか。パスがちょっとずれても弱くても、トラップがちょっと大きくなっても去年はそんなに問題にならなかったのに、そんなミスを名古屋の選手は全く見逃してくれない。ケネディには空中戦も地上戦でも完璧にやられ、彼が作る時間を使ってあとからあとから敵の選手が沸いてくる。2列目の玉田、永井、金崎は激しくポジションチェンジを繰り返し、全然捕まえられない。これがJ1トップレベルの力か。東京は防戦一方で、1失点で済んだのは幸運に見えた。

ところが後半10分を過ぎると名古屋の足が止まり出す。素人目にも、あれはブロックを作って待ち構えているという様には見えなかった。すると、ここからおもしろいように東京の攻撃がはまった。太田と徳永がガンガン仕掛け梶山がさばき、羽生とナオは左右に動いてあっという間の3得点。名古屋様から3得点ですよ!! 至福の時間帯でした。

「このまま2点差でロスタイムなら米本試運転か...」と思っていたら、案の定セットプレーでやられて1点差。では草民を入れてキープ作戦かと思ったら、まさかの米本投入。3ボランチで中を固めるのかと思いきや、トップ下というか、むしろ1トップにおいて「最前線でボールを追っかけろ!」という、ある意味素人丸出しのポポ采配。これにはしびれた。凄く変な例えですが、素人の反則技てんこ盛りのジョン・レノンの作曲法に通じるものを感じた。

ロスタイムは主審の仕切りが悪くてかなりグダグダしたが、逃げ切ってリーグ2連勝。次はデラックスな神戸が相手だし、そうそういつもうまく行くとは思わないが、それにしてもだ。


J1ってこんなにおもしろかったのか。



ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« JFKVFK (J2第2節 ヴェルディ対甲府) | トップページ | あらま、もったいない (ACL第2節 対蔚山戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/54254186

この記事へのトラックバック一覧です: 味スタに帰ってきた (J1第2節 対名古屋戦):

« JFKVFK (J2第2節 ヴェルディ対甲府) | トップページ | あらま、もったいない (ACL第2節 対蔚山戦) »