« エピソード5 喜作の逆襲 | トップページ | CLASSICO なのか CLASICO なのか »

2012年3月26日 (月)

「勝っただけ」とはいえ (J1第3節 対神戸戦)

スカパー! e2にてテレビ観戦。

東京の選手はかなりお疲れ気味で、激しい当たりが信条の神戸はかなりの難敵でした。ボランチの二人に、「またそこで秀人か~」みたいな運動量はないし、前線もパスを待って受けようとしてボールを奪われる場面が何回か。

幸運だったのは、神戸の激しい当たりが裏目に出て、肝心なところでファウルを取られることが多かったことですが、東京も悪いなりに勝ちきったのは成長と言えるでしょう。このレベルが相手ですから。特に、ロスタイムにカウンターでだめ押し点ゲットなんて、東京の試合で見た記憶、あまりないです。

次節はタッパー持参で参戦です。




↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« エピソード5 喜作の逆襲 | トップページ | CLASSICO なのか CLASICO なのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/54312793

この記事へのトラックバック一覧です: 「勝っただけ」とはいえ (J1第3節 対神戸戦):

« エピソード5 喜作の逆襲 | トップページ | CLASSICO なのか CLASICO なのか »