« 相性、かな (J1第4節 対広島戦) | トップページ | アウェイ側売店は1店のみ営業 (J2第7節 ヴェルディ対徳島) »

2012年4月 9日 (月)

これぞ逆境 (J1第5節 対川崎戦)

2012040801

長谷川の退場は、それはそれで痛かったですが、結果的には東京に有利に働いたようでした。東京のパスサッカーはまだまだ粗があって、パスがずれたり弱くなったりするのはよくあること。前半の川崎は、そのパスミスを狙ったカウンターが強烈で、かつての川崎がよみがえったかのような感じでした。レナトが東京のDFを引きつけて、その隙に矢島と小林がスピードを活かして飛び出てくる攻撃は、それはそれは脅威でしたね。

長谷川退場のあと川崎が主導権を握ったのは当然として、その攻撃は左右からのクロスを中心にしたものに変化したよう に見えました。東京の守備も「中盤の人数は減ってないのだから、いくら何でもクロス上げさせすぎだろ...」ってくらい問題でしたが、こういう攻撃方法だと、 中で合わせる川崎のフォワードは正直言ってチョン・テセや我那覇ほどの強さは感じないので、あまり怖いとは思えませんでした。権田が当たっていたのもあるし。 むしろ、早い段階で3バックにしてCBを上げる作戦とか、真ん中でレナト(もしくは山瀬)にゴリゴリとドリブルされる方がやばかったんじゃないかと思います。

それにしても東京の選手は粘り強く戦いました。一人少ない状況、ホームの雰囲気に呑まれた主審(でも、扇谷主審だと 東京の勝率はいいらしい......)、6分というふざけたアディショナル・タイムという逆境に耐えきったことは、賞賛したいと思います。なんか今季ここ まで出来すぎで、ちょっと怖いくらい。長谷川出場停止に太田負傷とこの勝利の代償は小さくないですが、次は未勝利ファイブ筆頭格の鹿島戦、いい人東京の再現は勘弁よ。

ここからは写真です。

2012040802
とにかくぎっしりなゴール裏。立ち見もいました。指定席も売り切れだったとか。

2012040803
強面のドロンパ。

2012040804
ふろん太君は腰の低い好青年です。東京のゴール裏にも一礼。

2012040805

2012040806
長谷川君はとりあえず反省な。




↓その他のFC東京ブログはこちら。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 相性、かな (J1第4節 対広島戦) | トップページ | アウェイ側売店は1店のみ営業 (J2第7節 ヴェルディ対徳島) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/54426579

この記事へのトラックバック一覧です: これぞ逆境 (J1第5節 対川崎戦):

« 相性、かな (J1第4節 対広島戦) | トップページ | アウェイ側売店は1店のみ営業 (J2第7節 ヴェルディ対徳島) »