« 永井(笑) | トップページ | オリンピック開会式 »

2012年7月29日 (日)

営業的に痛い試合 (J1第19節 対新潟戦)

2012072900

とにかく守備がひどくて、まともに見てられなかった試合でした。

東京の守備の基本は、複数の選手が連携して囲い込んだり、後方に網を張って待ち構えるやり方は取らずに、ボールホルダーに対してプレスを掛けるのはゾーン担当の一人だけというやり方です。これは個の強さが求められるやり方で、一人が抜かれても次のゾーンの選手で奪ってしまえばいいのですが、この日のように「全員の」コンディションが悪い場合、悲惨な結果になります。2失点とも東京守備陣の数は足りているのに、ボールへのアタックが遅れ、非常に軽い対応に見えました。

東京は中2日、新潟は2週間ぶりの試合ということで、キックオフ時点で両者のコンディションの差は明白で、東京は最初から足が止まっていました。むっくんでさえ動き出しの一歩が遅れてマイボールを外に出してしまったり、相手に抜かれても歩いてしか戻れないというプレーが試合冒頭から頻発していましたから。この日の出来は、ある意味しょうがないというか、駄目だった原因自体は理解できます。

他にも、ロングフィードは全くつながらないし
(加賀......orz)、スペースで欲しがる千真と、足下へ出したがる中盤とのパスのズレが3-4回(いい加減、ちゃんとすり合わせてよ......)、切羽詰まらないと打たないミドルシュート等、悪い面ばかりが目立った試合でした。唯一の収穫は梶山の復活でしょうか。

とはいえ、一般のお客様、ライト層のお客様にとってはコンディションの差なんか分かるはずがない。この日の東京の試合を見ても、「つまらない」という感想しか持てないでしょう。「花火や青赤横丁もあるからスタジアムに来ない?」と知人を誘った方は、さぞかしばつの悪い思いをしたのではないでしょうか。こんな試合が続くようでは、「4万人の観客」なんてただの夢です。

とにかく、チーム状態はいいときばかりじゃないのですし、「悪い状態の時に何が出来るか? どう結果を出すか?」がチームの強さのバロメーターです。その部分で、監督のやり方に疑念を持った試合でした。



ここから少々写真です。

青赤横丁ではリバプールのキャプテンが売られていました。
2012072901

 

このアイス、美味かったです。
2012072902

 

トークショーにはあだっちーと太田選手が登場。
2012072903

 

ショーのあとは、ドロンパとあだっちーとの記念撮影タイム。
2012072904

 



↓その他のFC東京ブログはこちら。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 永井(笑) | トップページ | オリンピック開会式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/55307135

この記事へのトラックバック一覧です: 営業的に痛い試合 (J1第19節 対新潟戦):

« 永井(笑) | トップページ | オリンピック開会式 »