« オリンピック閉会式 | トップページ | お祓いが必要です »

2012年8月21日 (火)

「ダークナイト ライジング」見てきました

夏休みになって、ようやく見ることができました。とにかくキャット・ウーマンが最高。過去作品の「ビギンズ」「ダークナイト」そして「リターンズ」を見ておくとより楽しめますが、見てなくても十分楽しめます。

前作は「ジョーカーの挑発に乗ってしまいぶち切れるバットマン」という、見てはいけないものを見た感が凄い作品でしたが、今作は比較的オーソドックスにヒーロー像の再構築がなされます。あ、だから The Dark Knight "Rises" なのかも。


(以下ネタバレのツッコミですので、空けます)









ミシェル・ファイファーが演じたイカレたキャット・ウーマンもよかったが、アン・ハサウェイはスタイルいいし、気っぷは男前だしで、もう惚れてまうやろ!てなもんです。バットマンが絶体絶命のピンチになったときに救いに来た場面なんか、「あんた、ハン・ソロか!!!」でしたね。

また、海底トンネルを開通させたときにキャット・ウーマンはバットマンを「一緒に逃げない?...」と誘いますが、これって「リターンズ」クライマックスでのバットマンの台詞の裏返しですよね。監督は、絶対意識してやってるって。



第3の主役は若手警察官ジョン・ブレイク。「この人こんだけスキルがあるなら、三文字の人やるべきじゃん.........」と思って見ていたら、最後にちゃんと回答が提示されました。あ、三文字の人とはファン・ペルシーか、チープ・トリックのボーカルです。念のため。



シレっと裁判官をしてたスケアクロウに「あんた、判事じゃなくて医者だろ?」と突っ込んだ人は多かったはず。



ゴードン本部長は「ビギンズ」の時点でバットマンの正体を知っているものだと思ってました(あれ、見えないふりじゃなかったんだ...)が、知らなかったんですね。



いくら海上とはいえ、キノコ雲が目視できる距離での核爆発なんだから、ゴッサム市民は避難が必要だと思う。2012年を生きる日本人なら普通そう思うよね。この辺の認識の甘さは米国映画特有だが...。



それにしても、主役のクリスチャン・ベイルは何度見てもブッフォンにしか見えないので、頭の中で音痴なイタリア国歌が流れて流れてしょうがないのですが。それはさておき。

バットマン(ブルース・ウェイン)は死ぬことを恐れず悪に立ちむかってきたのですが、ベインに完敗した彼は、死を恐れないことこそが己の弱点であることに気づかされます。死を恐れるが故に生への渇望が生まれ、それがパワーとなることを会得するのです。それは、希望があるからこそ絶望があると言ったベインのパワーとまさに対になるものでした。いやあ、まるでジェダイ騎士じゃん。そういえば師がリアム・ニーソンであるのは同じですね......。



え?大宮戦。記憶にないなあ......。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« オリンピック閉会式 | トップページ | お祓いが必要です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/55478743

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダークナイト ライジング」見てきました:

« オリンピック閉会式 | トップページ | お祓いが必要です »