« お祓いが必要です | トップページ | クイーン重箱の隅アルバムガイド "Deep Cuts" 1 & 2 & 3 »

2012年9月 2日 (日)

5-4-1 (J1第24節 対マリノス戦)

2012090201

新潟と大宮に負けて、広島とマリノスに勝利。このチームはホントによく分かりません(笑)。

エルゴラの記事とは違って、守備時の東京はがっちり5バックでの守り。その割りには齋藤学の斜めの動きを捕まえられずに何度も裏を取られていましたが、相手のオフサイドに助けられました。ああいうのは10回のうち1回でも通ってしまうとアウトなので、はらはらしながら見ていました。まあ急造フォーメーションなので仕方ないですが、秀人には3センターバックの中央が合っているかも。活き活きとプレーしているように見えました。アーリアは古巣相手に力が入っていたのでしょう、妙に荒い守備が目立ちます(案の定、後半に警告をもらい、次節出場停止)。米本は守備面では2009年のレベルに戻ったと言っていいでしょう。

立ち上がりのマリノスの猛攻をしのいだ東京は、ドゥトラの裏のスペースに活路を見いだします。20分過ぎに徳永が裏を取った場面や、2点目の場面はその典型でした。相手からプレゼントされた1点目と併せて2-0で前半終了。よしよし。

ところが前半は飛ばしていたのでしょうか、後半10分を過ぎると東京の足が止まり出します。特に梶山と草民。パスを出したあとで足が動かないことが多く、前にボールを運べません。一方マリノスは後半から出場の中村俊輔がボールを散らして東京を揺さぶります。この辺はきつい時間帯で、相手の狙い通り東京の右をきれいに崩され失点してしまいました。

ここでのポポさんの采配は千真と羽生さんの投入。これがぴたりと当たります。東京は千真の突進から得たフリーキックをルーカスが決めて3-1。これで試合は決まりました。

このあとは千真の1トップに移行するかと思いきや、千真は左サイドハーフ、羽生さんは右で、どう見ても5-4-1で守りきる作戦。千真がむっくんより後ろで守備してるんだものなあ(全然効いてなかったけどw)。最後はネマを入れてうまくカウンターの脅威をちらつかせながら時間を使いました。ネマよかったよ。羽生さんは試合勘が戻っていなかったみたい。

これで勝ち点36の9位。残留はほぼ確実か。4位との差はわずかに2。ACL圏内は望みませんが、何とか賞金圏に食い込んで欲しいものです。

ここからは写真です。

2012090202
むっくん生電話に続く第二弾企画。

2012090203
張り替えた芝。二本の筋はなんだろう。

2012090204
この日はローソン・デイ。おなじみからあげクンとドロンパ。

2012090205
羽生さん、お帰りなさい。

↓その他の東京ブログはこちら。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村



|

« お祓いが必要です | トップページ | クイーン重箱の隅アルバムガイド "Deep Cuts" 1 & 2 & 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/55563070

この記事へのトラックバック一覧です: 5-4-1 (J1第24節 対マリノス戦):

« お祓いが必要です | トップページ | クイーン重箱の隅アルバムガイド "Deep Cuts" 1 & 2 & 3 »