« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

勝利でごまかさないようにしてください (J1第27節 対磐田戦)

ちょっと体調が悪かったのでスタジアム参戦は遠慮し、NHK BS1にてテレビ観戦。

それにしても前半のつまらなかったことといったら!まあ、前半グダグダで後半イケイケという、もはや今季お約束の展開だったので、「よく後半立て直した」とも「ぶっちゃけ先発の人選ミス」とも、どちらとも言えるのですが、せめて前半のうちに選手たち自身の判断で立て直して欲しかったです。もっとロングボールを使って相手を下げさせるとかね。

監督の指示を守ることでいっぱいいっぱいなのかなあ...。それで失敗したのが2010年だったと思うんですけど。パスサッカーは手段であって目的じゃないよね。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

いい人東京の本領発揮 (J1第26節 対川崎戦)

6試合勝ちなしの相手に勝利をプレゼント。ホームの清水戦とか、天皇杯の横河武蔵野戦とか「情けない...」と思う試合は何度かありましたが、今日に関しては「君たち、いい加減に学習しろよ」とあきれた試合でした。今年いちばん印象が悪いです。

まず、最初の失点の仕方が前節と同じ。ボランチが危険な場所でボールを失いカウンター気味に攻められ失点。って、このパターン、ここまでのシーズンを通して相当回数見たような気がします。

まあ、それは我慢してましたが(1点差だし、時間はたっぷりあったし)、その後のバタバタがいただけないというか、修正が効かないのが非常にお粗末。自分たちに出来ることを見失って、やたら難しいパスを選択したり、選手がかぶったり、譲り合いしたりする場面が目立つようになりました。川崎は「東京にボールを持たせておけば、そのうちミスをするから大丈夫」と自信を持っていたようでした。

結局、混乱したまま後半が終わってしまいました。最後は無理攻めで1点もぎ取りましたが、あれは本来目指していたサッカーではないはず。そもそも無理攻めしなくて済むようにしないと。川崎が引いたので崩しが難しくなるのは分かりますし、スペースのある川崎の方がシンプルにプレーできるのはその通りです。監督もそう分析していますが、ならばポポさんは主審にかみついていないで、選手を呼んで落ち着かせるなり、的確な指示を与えてくれよと思います。

今季の東京ははっきり言って尻すぼみです。攻守の切り替えは遅いままだし、攻撃サッカーを標榜する割には得点が伸びないしで、チームとしての積み上げが見えません。そこがいちばん気になるところです。




↓そのほかの東京ブログはこちら
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

ふーん

「味スタ」トラック 利用不人気 人工芝外さないと使えない (東京新聞)

 また都スポーツ振興局調整課は「トラックはスポーツ祭用に造ったので、それ以外の利用が低調なのも覚悟していたが、年一回の利用でいいとは思っていない。国立競技場(新宿区)を建て替える予定があり、スタジアムはその間、代替施設として利用が増えると考える」と話している。



「トラックはスポーツ祭用に造ったので」

たった1回の国体のためにトラック作って、そのあとせいぜい5年の命。でもって、32億円ですか。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

ツェッペリンの2007年再結成ライヴ作品発売に寄せて

気づいたときには「プレゼンス」まで発表していたバンド。最初にリアルタイムで聞いたのはその次に出たライヴ盤「永遠の詩」(1976年の10月頃発売)で、あたしゃ冒頭の『ロックン・ロール』で木っ端微塵に吹っ飛ばされた。あの「バコーン、バコーン、バコーン、バコッ バコーン」という誰でも弾ける、でもペイジ以外の誰もあの迫力を出せないバッキングは史上最強というのが持論。

「永遠の詩」に対応する映画「狂熱のライヴ」が日本で公開されたのは、LP発売から1年ぐらい経ってからだと思う。高知では二本立ての上映で、併映はどういうわけか「新・青い体験」。中学生には刺激が強すぎたよ......。

10116255890

...................って、全然「発売に寄せて」じゃない昔話になっているのだが、まずは先行上映を見てからだ!




↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

新iPod nano

いま使っている iPod nano (2代目の8GBモデル) の電池がヘタってきてるので「9000円出して電池交換しようかなあ」なんて思ってたところに新機種発表

20120914

(画像はアップルより拝借)

12800円で、電池リフレッシュの上に容量倍だから悪い買い物ではないけれど、なんかデザインにアップルらしい「尖り」がないというか、「クール」じゃなくって「キュート」に走っちゃたと言いますか、ボリュームがハードスイッチというのはダサくね?と言いますか。ルックスが、なんとなく一昔前のウォークマンを連想させるんですよねえ。

実物見てから考えようっと。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

オリンピック招致計画

五輪招致 東京で「賛成」66%に (NHK)

2020年オリンピックの誘致を支持するしないは各自の判断ですが(私は反対。被災地にお金が落ちないのと、他者へのリスペクトに欠ける知事を信用していないですから)、一度は招致計画を読んでみた方がいいと思いますよ。けっこう疑問が湧いてきます。

ちなみに競技会場プランがここにあります。サッカー競技の会場数は6箇所ですが、本当にこんな数でいいのでしょうか。サッカーはワールドカップ並みの58試合を2週間半で消化します。たしかにロンドン大会でも6箇所での開催でしたが、スタジアムによっては11試合も使われて、芝がボロボロになっていました。

招致計画によると、東京大会は7月下旬開会です。サッカーで一番使われそうな会場は東京スタジアム(味の素スタジアム)ですが、この時期はいつも芝が最悪ですよね。その上酷使されたらどうなるか......。NACK5やフクアリ、等々力、駒場、ビッグスワンあたりも会場に含めるべきでは。どうせ五輪中はJ1はお休みでしょうから(つうか、その辺のすり合わせやってるのでしょうか)。

あと、自転車ロードレースの会場が皇居外苑の周回コースになっていますね。1週およそ5kmです。一定間隔で出走して50km前後を走る個人タイムトライアル(ロンドンでは90秒間隔)が、この周回コースで本当に運営可能なのでしょうか。道が混んじゃって、自分が何週目を走ってるか分からなっちゃいそうな気が......。自転車観戦は初心者なので、この点は詳しい方に教えて欲しいです。

(ていうか、マススタートのレースは箱根駅伝のコースをそのまま使って、芦ノ湖フィニッシュでいいんじゃないの? 運営や警備も手慣れたもんだと思うけど。だめ??)



そういえば「オリンピック招致に成功すれば、国立と神宮球場が改築できる」と言ってたコラムニストがいましたが、国立はもともと2019年ラグビー・ワールドカップで改築予定だし、野球はそもそも招致計画に載っていないですからね。念のため。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

続テンノウハイマン大暴れ (天皇杯2回戦 対横河武蔵野)

2012090900

やってしまいました。

まあ、失点したことよりも得点できなかった方が問題でしょう。相手に引かれると打開できないパスサッカーでは、なんの価値もありません。自分たちの得意な土俵に引きずり出す工夫が、まだまだ足りないということですね。

2012090901

3回戦は厚別で長野パルセイロ対横河武蔵野。これどうするんだよ......(北海道サッカー協会涙目)。


そのほかの東京ブログはここですか?
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

テンノウハイマン大暴れ

天皇杯2回戦    ヴィッセル神戸 1 - 2 SAGAWA SHIGA FC



ん、これはなんだな。特典をケチったな。

20120908

11. 2012Jリーグカップ戦決勝戦、第92回天皇杯フルコンプリートチケット…5名様


(ヴィッセル神戸2012年シーズンシート早期申し込み特典については神戸公式からは削除されているので、こちらをご参照)



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

この負けを糧に (U-20 日本対ドイツ)

2012090701

ナビスコと順序が逆になりますが、火曜日にU-20女子ワールドカップの日本対ドイツ戦を見てきました。試合はご存じのように前半20分までに3点とられての負けだったわけで、それもすべて日本のミスというのが残念でした。


1点目はセンターバックとキーパーのお見合い。2点目は競り合いでボールをバウンドさせちゃいけないのにさせてしまって頭を越されての失点。3点目は、CKの時に自陣ゴール前での守備ゾーンを作ることに一所懸命で、相手を全然見ていなかったミス。たぶん最初の失点(俗に言う「秒殺」)でパニックになってしまい、冷静な対応が出来なかったのだと思います。

日本の中盤にボールを当てる
 ↓
ドイツが猛烈なプレスでボールを奪い、ショートカウンター
 ↓
なんとかしのいでボールを取り返して、日本の中盤にボールを当てる
 ↓
ドイツが猛烈な(以下省略)

のループでしたからね。後半の日本はしっかり修正できていて、ドイツの左サイドを何度も崩していましたし、相手を押し込みさえすればかなり行ける!と感じさせるプレーでした。それだけに、立ち上がりのミスが残念でした。この辺はやっぱり若さかな......。


それにしてもドイツのプレスは凄かった。ハーフライン付近で日本の中盤がボールを持てば、そこに3-4人がかりで奪いに来てことごとくつぶしていました。「体格差があれだけあるのに、1人対4人で奪いに来るって、正直イジメだろ......」と思って見てました。まあ、そこをかわせれば一気に数的優位になるし、プレスがすごい分最終ラインの後ろに広大なスペースがあって狙い目だったのですが、残念ながそうはうまくいきませんでした。ドイツは中盤の6番の選手が良かったわ。あと14番は別格。


2012090702
この日の席は写真のようにかなり前で、回りは予想に反して男ばかり。もっと初心者っぽい女性、ご婦人が多いのかと思ってました。S席4000円というのはハードル高かったのかなあ。それでも28000人の入りで、東京主催試合より多いじゃん!


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

10番 (ナビスコ準決勝 対清水戦)

20120906

序盤は「ふわーっとした感じで始まってるなあ...」と思って見ていた。ボールを奪っても前への推進力がなく、後ろで回すばかり。この日のボランチの二人は守備は良かったのだが、効果的なパスを出すことは最後まで出来なかった。チャレンジは見えたけど。

たまりかねたポポさんが草民を入れて4-2-3-1にすると、途端にパスが回り始めたのには大いにワロタ。この日のMVPは梶山。彼にボールが渡ると、ことごとく東京のチャンスになった。そして彼がボールを失うと大ピンチになるのはいつもの通り。まあ、それが10番っていうものですけどね!

ナオは、いつもの縦横無尽の動きがなく右に張りついているばかり。ちょっと心配。羽生さんは前の試合とは違って、裏をつく動きが出てきた。丸山は、上々のスタメンデビューでしょう。PKゲットはラッキーでしたがw

第2レグが相当先なので、決勝に行けるかはさっぱり予測できませんが、きっと私たちを国立に導いてくれると信じています。



↓その他のFC東京ブログはこちら。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

クイーン重箱の隅アルバムガイド "Deep Cuts" 1 & 2 & 3

2012090501

2012090502

2012090503

(長くなりすぎるので、トラックリストは末尾にまとめました)

この Deep Cuts シリーズはいわゆる裏ベスト集で、vol. 1の"Keep Yourself Alive"、vol. 2の"Spread Your Wings"を除いて、UKシングルA面以外から選曲されたコンピレーションです。この3枚に新曲、未発表曲は含まれていませんが、下記の4曲が初出エディットとなっています。


Ogre Battle
The March Of The Black Queen
Dead On Time
Khasshoggi's Ship


最初の3つは、オリジナルだと次の曲とつながった編集でしたが、この"Deep Cuts"では独立した形で収録されています。"Khasshoggi's Ship"には頭にスネアショットが追加、っていうか、おそらくもともと録音してあった音を復活させたエディットで収録されています。

続きを読む "クイーン重箱の隅アルバムガイド "Deep Cuts" 1 & 2 & 3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

5-4-1 (J1第24節 対マリノス戦)

2012090201

新潟と大宮に負けて、広島とマリノスに勝利。このチームはホントによく分かりません(笑)。

エルゴラの記事とは違って、守備時の東京はがっちり5バックでの守り。その割りには齋藤学の斜めの動きを捕まえられずに何度も裏を取られていましたが、相手のオフサイドに助けられました。ああいうのは10回のうち1回でも通ってしまうとアウトなので、はらはらしながら見ていました。まあ急造フォーメーションなので仕方ないですが、秀人には3センターバックの中央が合っているかも。活き活きとプレーしているように見えました。アーリアは古巣相手に力が入っていたのでしょう、妙に荒い守備が目立ちます(案の定、後半に警告をもらい、次節出場停止)。米本は守備面では2009年のレベルに戻ったと言っていいでしょう。

立ち上がりのマリノスの猛攻をしのいだ東京は、ドゥトラの裏のスペースに活路を見いだします。20分過ぎに徳永が裏を取った場面や、2点目の場面はその典型でした。相手からプレゼントされた1点目と併せて2-0で前半終了。よしよし。

続きを読む "5-4-1 (J1第24節 対マリノス戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »