« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月29日 (木)

私的ベストイレブン2012

最終節前に優勝が決まっちゃったので、もう書いちゃう。

フォーメーションは、今年のトレンドであった1トップ2シャドーの3-4-2-1、つまりウィングを置かない3-4-3ね。

☆ベストイレブン
GK 林卓人(仙台)
DF 森脇良太(広島)、徳永悠平(東京)、カルフィン・ヨン・ア・ピン(清水)
MF ミキッチ(広島)、角田誠(仙台)、藤田直之(鳥栖)、駒野友一(磐田)
FW 柿谷曜一朗(セレッソ)、大前元紀(清水)、佐藤寿人(広島)

(控え)
GK 東口順昭(新潟)
DF 森重真人(東京)
MF 山口蛍(セレッソ)、青山敏弘(広島)、中村俊輔(横浜マ)
FW 赤嶺真吾(仙台)、ウィルソン(仙台)

Best_eleven_2012

駒野は磐田では右だけど、どうしてもミキッチを入れたかったので左に回ってもらいました。選外は菅井(仙台)、槙野(浦和)、カルリーニョス(大宮)、中村憲(川崎)、豊田(鳥栖)といったあたり。

さて、上位チームの勝ち点が少ないことを理由にして、「Jリーグのレベルが落ちた」という向きも一部にはあるようだ。まったくもって非論理的だ。去年は上位三つが勝ち点70超えだったわけで、1年でそんな急にレベルが変わるのか? 単に勝ち点で判断するなら、「勝ち点40でも残留できないJリーグはレベルが高い」って話も可能だぞ。

ブラジル好景気の影響で、かつてのアラウージョやポンテ、ワシントン級の選手がいなくなったのは事実だが、それと組織力勝負に長けたチームが上位に来るようになった今のJリーグの「レベル」とは別次元の話だと思うのだ。


続きを読む "私的ベストイレブン2012"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

ヤザー、ミヤザー (J1昇格プレーオフ決勝)

2012112301

2012112302

千葉が失点する直前、谷澤がサイドでボールキープを始めたときに、「ああ、このまま0-0で千葉が勝つのね」と確信したのだが...。これでこのプレーオフは、すべてリーグ戦下位のチームが勝った。引き分けOKのレギュレーションなら、イタリアあたりだと「よっしゃあ!」てな感じで嬉々として守り倒すんだけどなあ。今回の結果は、よくも悪くも日本のサッカーらしいということか。

それにしても千葉はつらいなあ......。選手も、サポーターも。

「君たち、よく頑張ってプレーオフに進出したよ。決勝では負けたけど、精一杯やった結果だからしょうがないよ。また来年頑張ればいいじゃないか」との慰めが通じないところがつらい。精一杯やっていないなんて言うつもりは全くないんです。だって千葉はJ2にいるべきチームじゃない。客観的に見てそう思うでしょ、皆さん。

大分の選手が濡れた芝に苦労する場面が序盤にいくつかあったけど、千葉の選手は最初から対応できていた。つまり、選手の質も量も格もサポもJ1にふさわしい存在。当事者たちがそう思っても変じゃない。でも、事実としてまた昇格できなかった。「出来るはず、出来るべき」なのに結果が出ない。東京にとっても他人事じゃない。

昇格の大分の皆さん、そして宮沢キャプテン。J1にお帰りなさいませ。点を取らなければいけないのに、無理に前がかりになることなく、落ち着いて試合を進めていた集中力、団結力は立派でした。去年東京は勝てなかったので、来年はしっかり勝ち点6回収させていただきます、と大口をたたいてみる。

最後に当プレーオフ制の是非について一言。個人的には大正解だと思う。6位のチームが昇格することリーグ戦の価値を下げるとの文句が出そうだが、

  • プロ野球と違って優勝ではなく3位を決めるに過ぎない(と、あえて言う)
  • 引き分けOKの優位性で、リーグ戦の価値は十分担保されている
  • むしろ、その優位性を生かすようなしたたかさを伸ばすために有用な制度

と思っています。

ここからは写真です。

続きを読む "ヤザー、ミヤザー (J1昇格プレーオフ決勝)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

幼稚園サッカー (J1第32節 対神戸戦)

20121118

タイトルは釣りみたいなもんです。あんな田んぼのようなピッチでは、ボールに群がってひたすら前に蹴るサッカーしか出来ません。後半は決定的な場面をいくつか作りましたし、ちょっと運がなかっただけかもしれません。

しかしねえ.....その前にやるべきことがあっただろうと思うんですよ。キックオフ時点で、バックスタンド側タッチライン付近はもう水が浮いていました。天気に関してだって、多少は情報を得ていたでしょう。ならば、自分たちのサッカーが出来るうちに早く勝負に行かないと。

なのに、キックオフ後の10分間のぬるいことと行ったらもう! 東京はまるで、試合前のウォーミングアップをまだ続けているようでした。失点してもペースは上がらず、前半のシュートは3本だけ。もうひたすら寒かったですよ......。雨の中、キッズチアの子たちは頑張ってくれたのに、申し訳ない気持ちでした。

ハーフタイムにポポさんの雷が落ちたのか、後半は頭からラッシュがかかりました。しかし、この日は梶山とナオが明らかにブレーキで、判断の悪さからの逸機が続きます。彼らは責任感の強い選手ですから、大切に行こうとしたのだと思いますが......。この日必要だったのは、「シュートを打てば何かが起こる」ということに賭ける気持ちだったと思います。

なんだか、あと残りの2試合も勝てる感じが全然しませんね。



↓ランキング参加中です。よければクリックをお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

J2プレーオフを前に

2012年Jリーグ 観客動員データ ~J2 (Qoly)

J2リーグ戦の平均動員は、東京が昇格した影響で前年度比-9.6%の5805人だが、昨年今年とJ2でプレーしたクラブで比較すると-1.6%だそうだ。この場合の平均は5365人で、人数換算で87人のマイナス。アウェイにも東京サポが多数参戦していましたから、これは大健闘と言っていいんじゃないですかね。二部リーグで常時5000人の動員が可能な国内スポーツって他にあります? これは誇って良い事実だと思う(もちろん、もっと増えて欲しいけれど)。

続きを読む "J2プレーオフを前に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

強くなったよね (W杯最終予選オマーン対日本)

一平くんのアジアデビュー一時騒然となったオマーン戦。愛媛の昇格より先に世界進出とは......。両生類の入場がよく許可されたものだな。

77分にセットプレーから追いつかれた時点で、「あと15分弱。本田はグダグダだし、宇佐美と乾はまだ信頼されていないみたいだし、ハーフナー入れてのパワープレーもなさそうだから、ドローだな。ま、それでも問題ないし」と正直思っていたのだが、89分に岡崎の彼らしいゴールで突き放して終了(岡崎は「決定力のある戸田光洋」って感じ)。こんな試合で、不出来なりに勝ちきってしまうんだから、やっぱり強くなったんだなあと感心。2点目を取られてからのオマーンの観客のあきらめの良さにも、ある意味感心した。

最後、遠藤に変わって秀人を投入。なんだかんだでザッケローニの評価が高いですね。でも秀人には悪いけど、日本の中盤はとっくに梶山が仕切っていると夢想していたことを思い出した。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

長崎J2昇格決定

【V・ファーレン長崎:Jリーグ入会おめでとう】Jリーグ入会審査結果報告会見での出席者コメント  (J's Goal)


おかえり、由紀彦。

チーム名の読み方は「ブイ・ファーレン」じゃなくて「ヴィ・ファーレン」なんですが、個人的には「ヴァン・ヘイレン長崎」と呼んでます。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

たまげた

降格危機のJ1神戸 成績不振で西野監督を解任!安達ヘッドが暫定指揮 (スポーツナビ。元記事はデイリー)

20121108

これはいかんだろ........何のための複数年契約なんだ。しっかし三木谷こらえ性なさ過ぎ。



....次の相手は東京ですか、そうですか。




↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

終戦 (J2第41節 ヴェルディ対横浜FC)

J2サバイバルマッチ第2弾、ヴェルディ対横浜FCを見てきました。

2012110501

案の定というか、チームの勢いそのままの結果となり、ヴェルディは来年もJ2でプレーすることになりました。

なんというかねえ、攻撃が私の知るヴェルディらしくない。サイド攻撃に偏りすぎで、中央突破の試みがほとんど見られないのはどうしたことかと。たしかにこの日の横浜FCの左サイドは穴でそこを突くのは分かるし、実際に再三再四崩してはいましたが(つうか横浜のサイドバックは阿部巧で、彼一人に森勇介と西紀寛の実力者二人の面倒見ろと言ってもそれは無茶)、その次の一手が真面目過ぎる印象なんだよなあ。あの憎たらしいヴェルディの攻めはどこへ行った。

ここからは写真です。


続きを読む "終戦 (J2第41節 ヴェルディ対横浜FC)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

FC東京サイクルジャージ2012

先日の札幌戦で、FC東京オリジナル自転車が展示されていましたね(遠目に見た)。ついでに展示されていたかどうか分かりませんが、少なくとも公式サイトでは紹介されていないようなので、関連商品を拙ブログでご紹介します。


J SPORTS オリジナルサイクルジャージ FC東京 2012Ver.

20121102

 

すんません、リンク先より画像を拝借しました。なんとなくACL仕様のユニに似ているね。

(川崎のもあるよ)


↓その他のFC東京ブログはこちら。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »