« J2プレーオフを前に | トップページ | ヤザー、ミヤザー (J1昇格プレーオフ決勝) »

2012年11月18日 (日)

幼稚園サッカー (J1第32節 対神戸戦)

20121118

タイトルは釣りみたいなもんです。あんな田んぼのようなピッチでは、ボールに群がってひたすら前に蹴るサッカーしか出来ません。後半は決定的な場面をいくつか作りましたし、ちょっと運がなかっただけかもしれません。

しかしねえ.....その前にやるべきことがあっただろうと思うんですよ。キックオフ時点で、バックスタンド側タッチライン付近はもう水が浮いていました。天気に関してだって、多少は情報を得ていたでしょう。ならば、自分たちのサッカーが出来るうちに早く勝負に行かないと。

なのに、キックオフ後の10分間のぬるいことと行ったらもう! 東京はまるで、試合前のウォーミングアップをまだ続けているようでした。失点してもペースは上がらず、前半のシュートは3本だけ。もうひたすら寒かったですよ......。雨の中、キッズチアの子たちは頑張ってくれたのに、申し訳ない気持ちでした。

ハーフタイムにポポさんの雷が落ちたのか、後半は頭からラッシュがかかりました。しかし、この日は梶山とナオが明らかにブレーキで、判断の悪さからの逸機が続きます。彼らは責任感の強い選手ですから、大切に行こうとしたのだと思いますが......。この日必要だったのは、「シュートを打てば何かが起こる」ということに賭ける気持ちだったと思います。

なんだか、あと残りの2試合も勝てる感じが全然しませんね。



↓ランキング参加中です。よければクリックをお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« J2プレーオフを前に | トップページ | ヤザー、ミヤザー (J1昇格プレーオフ決勝) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/56135938

この記事へのトラックバック一覧です: 幼稚園サッカー (J1第32節 対神戸戦):

« J2プレーオフを前に | トップページ | ヤザー、ミヤザー (J1昇格プレーオフ決勝) »