« なんと壮大なオチ (ナビスコ第3節 対名古屋戦) | トップページ | 明日は大宮戦 »

2013年4月 4日 (木)

ファンタスティック・フォー? (ナビスコ第3節 対名古屋戦)

一夜明けて、少し冷静に昨日の試合を振り返ってみたい(苦笑)。

昨日の見所は前線の4人。4人の連携がイマイチどころかイマサンだったのは仕方ない気がするので、個々に感想を書く。

平山はコンディションがよさそうで、体自体はキレていたと思う。以前に比べるとハイボールの競り合いが強くなったし、サイドで起点となったり人を使うプレーはよかったと思う。ただ、起点となった後は動きなおしてゴール前に詰めて欲しいのだが、その動きは不足していたように思う。2010年終盤のような迫力は感じられなかった。これはJ1の試合慣れの問題だと思いたい。7月以降は李は100%いないと思われるので(結果が出なきゃ東京は延長オファーしないし、結果が出ればサウザンプトンが呼び戻す)、平山の存在は重要で、それだけに期待レベルは高いのですよ。

ネマは相変わらずのエレガントなプレーで、前半の攻撃の全権を握っていた。崩しのイメージを持っていたのは彼だけだったと思う。ところが後半になると急に動けなくなってしまい、守備の穴になってしまった。スタミナの問題なのか、腰痛が再発してしまったのかは分からないが、あの急激な落ち込みは心配。

河野と草民は、ちょっと問題で...。河野は戦術理解で頭がいっぱいな感じ。このコメントを見ると、別にドリブルを控えろとは言われてないようだが、その使いどころに悩んじゃっているのでは。平山がサイドに流れたら、河野はもっと中央に行って「俺によこせ!」的なプレーをしてほしい。

逆に草民は何も考えてないんじゃないかと(笑)。ひとり違う世界にいるようで、ツボにはまればすごいが、集中力が持続しないというか、フェイントで相手をかわしたところでプレーが完結しちゃうというか、これは使いにくい(泣)。あと、つまらないオフェンス・ファウルはやめようや。



あー、それにしても昨日のヨネは凄かった。まわりに来たボールは全部絡め取っちゃうし、バーンとサイドチェンジのロングパスを通すし、自らドリブルで持ち上がって決定的なパスを出すしで、勝っていれば8.0の評価がふさわしいくらいだった。勝てる試合じゃなくて、勝たなきゃいけない試合でしたよ。

あとね、ポポさんとピクシーの足技対決もなにげに凄かったですよ。ポポさんがリフティングを決めれば、ピクシーは華麗にヒールパス。なにやってんだ、この負けず嫌いの二人はwwww


↓その他のFC東京ブログはこちら。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« なんと壮大なオチ (ナビスコ第3節 対名古屋戦) | トップページ | 明日は大宮戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/57102666

この記事へのトラックバック一覧です: ファンタスティック・フォー? (ナビスコ第3節 対名古屋戦):

« なんと壮大なオチ (ナビスコ第3節 対名古屋戦) | トップページ | 明日は大宮戦 »