« マスコットといえども喉は渇く | トップページ | よくないパターンですね (J1第6節 対仙台戦) »

2013年4月11日 (木)

クイーン重箱の隅アルバムガイド "At The Beeb"

現在クイーンのライヴ盤CDは廃盤状態ですね。"Live At Wembley Stadium"と"Hungarian Rhapsody"はDVDとの抱き合わせで入手可能ですし、その他の盤はiTunesなどの配信で購入できますが、パッケージメディアがないのはやはりちょっと寂しいですね。

というわけで、ここから重箱の隅ガイド・ライヴ盤編をぼちぼち書いていきたいと思います。最初に取り上げるのはこれ。

2013041100

At The Beeb 1989年発売

邦題「女王凱旋!戦慄のライヴ・クイーン」   (アチャー)

この邦題で、山下久美子や千堂あきほといった「学園祭の女王」を連想するのは私だけですか。そうですか。(例えが古い......)

tracks:
1. My Fairy King
2. Keep Yourself Alive
3. Doin' Alright
4. Liar
5. Ogre Battle
6. Great King Rat
7. Modern Times Rock 'N' Roll
8. Son And Daughter

トラック#3. が、ファーストアルバムの"Doing All Right"と異なる、"Doin' Alright"という表記ですね。この曲はクイーンの前身バンド "Smile" の頃からのレパートリーで、表記も Smile 時代のそれに準じています。Smileについては別途書く予定です。

さてライヴ盤編と書いておきながら、実はこのCDは「ライヴ・アルバム」ではありません。実際の話、ブックレットのどこにも Live とは書いていませんから、変な邦題をつけた日本のレコード会社が悪いんですけどね。

辛うじて#5 と#6 はスタジオ・ライヴと言えなくもないですが、基本的には録音済だったベーシック・トラックに、BBCのスタジオで録った音をかぶせてラジオ番組用の音に仕 上げたものです。1 - 4. が1973年2月5日録音(放送はその10日後)で、あ、これって正式デビュー前ですね。5 - 8. は1973年12月3日録音(放送は3日後)とされています (参考記事)。ちなみにアルバムタイトルの"beeb"とは、BBCのくだけた表現です。

ちなみにこれは海賊盤ではない、れっきとした正規盤です。いや、実は私も京都のタワーレコードでこれを最初に見つけたとき、てっきり海賊盤と思ったんですよ。EMIでもElektraでもなく、Band Of Joyという聞いたことのない会社からリリースされているし、表ジャケは見たことのある写真の流用で、海賊盤によくあるパターンだし。「でも、天下のタワーで海賊盤を売る訳がないよな...」と思い裏ジャケをよく見ると、そこにはQueen Productionのコピーライト表示が。それが購入の決め手でした。

このCD、特筆すべきなのは......盤の品質が悪いこと!

2013041101

レーベル面が金色に見えるのは実際に金色な訳ではなく、経年劣化で黄ばんでしまったからです。変な年輪みたいな模様も浮かんできてる。読み取り面を見ると、こっちはなんだか泡のようなものが沸いてきてるし...。私の持ってるモノだけかもしれませんけれど、中古盤をお求めになるならば十分な盤面チェックをお薦めします。

この"At The Beeb"の新品は現在入手困難ですが、入手するすべはあります。1995年になってから北米地区で同じ内容、ジャケ違いで"Queen At The BBC"(HR-62005)というCDがリリースされていて、こちらは流通在庫がまだある模様です。現在、"At The Beeb"、"Queen At The BBC"ともに、公式サイトのディスコグラフィーから落ちています。熱心なファン向けアルバムですが、興味のある方は今のうちに入手しておいた方がよさそうです。

...なーんて書くと、すぐに"Complete BBC Sessions"三枚組なんてのが出たりするんだよな、この世界。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

|

« マスコットといえども喉は渇く | トップページ | よくないパターンですね (J1第6節 対仙台戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/53387199

この記事へのトラックバック一覧です: クイーン重箱の隅アルバムガイド "At The Beeb":

« マスコットといえども喉は渇く | トップページ | よくないパターンですね (J1第6節 対仙台戦) »