« 日本人の愛する洋楽アーティスト50 | トップページ | クリが結婚だと? »

2013年4月 1日 (月)

手応えあり (J1第4節 対マリノス戦)

NHK BS1を録画してのテレビ観戦。

残念ながら負けてしまったが、記者会見でポポさんが「内容では負けていなかった」的な発言をしたとしても、この試合に関してはきっと納得してしまうだろうと思った。両者ともにハイレベルな攻防で、こんないい試合の観客数が2万3千人台だなんて、なんてもったいない。

とにかくマリノスは強かった。マリノスがここまで勝ってきたのはリーグでは湘南、清水、磐田、ナビスコでは川崎に甲府と、いずれも勝ちに見放されているチームばかり。マリノスはたしかに強いけど、割り引く必要はあるかもなと少しだけ思っていた。

そしたらどうよ。俊輔は全くボールを失わないし運動量はすごいし、プレスは最後まで緩まないし、兵藤、富澤、中町らの脇役もしっかり仕事をしてるしで、こりゃ本当に優勝候補筆頭だ。東京は両SBがなかなか上がれず、攻撃が中央に寄せられているようだったが、それでも太田の最初のクロスからの先制ゴールと、カウンターのカウンターから2点めを奪ったのは高く評価できると思う。去年までは相手のプレスが強いと後ろでチンタラ回してるだけでしたからね。よくこじ開けたもんだ。

攻撃にもっとメリハリがつくと最高だが、ここはネマとナオの両ベテランが復帰すれば改善されるだろうから心配していない。本当に心配なのは、ヒョンスの怪我でさらに手薄になってしまった守備陣。水曜のナビスコは森重を休ませたいところだが......。

最後にこれは触れておきたいと思ったのは、試合後の李の発言。この発言に反発するファンもいそうだけど、「優等生揃いの東京には、闘莉王的な異分子が必要」と思い続けていた私は断固支持。負けた悔しさと、連続得点でノリノリな気持ちは別腹でいい。相殺する必要は全くないと思うよ。


↓その他のFC東京ブログはこちら。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 日本人の愛する洋楽アーティスト50 | トップページ | クリが結婚だと? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/57080831

この記事へのトラックバック一覧です: 手応えあり (J1第4節 対マリノス戦):

« 日本人の愛する洋楽アーティスト50 | トップページ | クリが結婚だと? »