« 明日は大宮戦 | トップページ | マスコットといえども喉は渇く »

2013年4月 6日 (土)

デジャヴ (J1第5節 対大宮戦)

試合後にトイレで手を洗っていたら、隣に小学生高学年のグループがいて、どうも今日初めてスタジアムに来た様子。で、彼らは口々に「つまんなかった」「もう来ない」「もう応援しない」って言ってたんですよ。自分ではどうしようもないこととはいえ、こういうのを聞くと心が痛みますね。

しかし、彼らの言い分も分かるわけでして......。この日は戦術、選手個人のパフォーマンス、交替策共にいいところがなく、今季ここまででのワーストゲームと言っていい出来。何でこんなことになってしまったのか。

大宮と言えば、三浦俊也元監督の仕込んだきれいな4-4-2と、ブロック守備からの堅守速攻というイメージでしたが、今年の大宮は違ってました。最終ラインは高く保ち前へのプレッシャーをかけ、攻撃時はサイドを起点にして自分たちで主体的にゲームを動かすサッカーでした。どういうサッカーをやりたいか、見ていてよく分かる出来でした。

東京は前線の4人を高く張らせ、相手の最終ラインを下げさせようとしましたが、この策が大失敗。前の動きが失われ、広い中盤を長谷川と高橋でカバーせざるを得ず、またこの二人の調子がよくないこともあって、常に相手がボールを支配する展開。

ポポさんは後半8分にという早い段階で米本を投入し、東がトップ下に移ったこともあり、中盤で攪乱できるようになり試合が動き出しました。これは納得できる交替だったのですが、疑問だったのは二の矢三の矢を射なかったことです。

試合がもっと動かすために、ここで立て続けに攻撃的な選手を投入すべきではないのか。オフサイドばかり取られているので、裏を狙うんじゃなくて、平山かネマを投入して明確な収まりどころを作るべきではないか、そんなことを考えてイライラしていました。

結果的には失点してからの交替となり、マリノス戦と同じことになってしまいました。ああ、デジャヴ。

大宮がJ1に昇格してからのホーム戦では、これで2勝1分け5敗。直近3試合はすべて0-1の負け。加えて青赤横丁開催日は4連敗と、なんだかデジャヴだらけの結果となってしまいました。さて、ここからどう立て直すのか...。ポポさんのお手並み拝見です。



ここからは写真です。

2013040601
飛田給駅前、スタジアム通り手前は薄緑色の桜が満開。「御衣黄」(ギョイコウ)という品種だそうです。

2013040602
奥は八重桜。五分咲きといったところ。

2013040603
青赤横丁では、こいつも気になったのだが、

2013040604
やっぱりご飯を入れたかったので、マサラチキンカレーと

2013040605
インドビールに挑戦。

2013040606
どちらも美味しかったです。ビールは予想通り軽いビールでしたが、なんだか蜂蜜風味のある不思議な味。炭酸は強め。

2013040607
強風のためフラッグはなし。でも、試合に影響するほどの風ではなかった。

2013040608
J1通算100試合出場の権田と美人嫁。でも、あのミスはないよ......。




↓その他のFC東京ブログはこちら
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

にほんブログ村

|

« 明日は大宮戦 | トップページ | マスコットといえども喉は渇く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/57118387

この記事へのトラックバック一覧です: デジャヴ (J1第5節 対大宮戦):

« 明日は大宮戦 | トップページ | マスコットといえども喉は渇く »