« ハーゲンダッツ終了のお知らせ | トップページ | エアロスミス、この夏に来日。呼び屋さんはなんと...!? »

2013年4月21日 (日)

「いいぞ、いいぞ、レフェリー」 (J1第7節 対名古屋戦)

2013042100

表題のあれは、そうとう皮肉が効いてましたな。 まあとにかく、両チームの選手にとって災難な日ではありました。

キックオフ直後を除くと、前半は名古屋ペース。東京が球際に激しく行こうとしているのは分かったんだけど、ちょっとボールへの意識が強すぎる感じ。足元で名古屋の選手にかわされ、後手後手に回ってしまう場面が頻発していました。早い時間に高橋と森重に警告が出たこともあり、「なんだか悪い流れだなあ...」と思っていたら案の定、一瞬引きすぎたところをダニルソンをどフリーにして、クロスからケネディに決められてしまいます。

そのあと千真がチャンスを2本はずしたり、例のハンド見逃しがあったりして「今日はもうだめぽ...」でしたが、前半ロスタイム、相手の軽率なファウルからPKを奪取。さすがにキッカーのルーカスはきちんと決めてくれました。でもPKは楢崎にしっかりコースを読まれていて、冷や汗ものでしたが。とにかくこのPKで、東京の選手はイライラした気持ちをリセット出来たんじゃないかと思います。あとから見たハーフタイムのポポさんコメントが「冷静に落ち着いてプレーしよう」だったのには、「あんたがそれ言うかよwwww」で笑えましたが。

それはともかく、私はハーフタイム時には「競り合いでのファウルの基準がよく分からないし、ハンドについても主審副審両方が見逃すなんてあり得ない」と感じていたのですが、まさかここまでが伏線に過ぎなかったとは夢にも思いませんでした。

後半はとにかく「俺様の仕事は目の前のプレーの裁定をすることだけ」てなジャッジの連続で、イエローカードの大安売り。主審は選手に全然注意しないし、「試合を選手と一緒に作っていこう」という意識が全然見えないんだもの。だから勢い余って思わずイエローというんじゃなくて、ただのラフプレーが多くなるのではないでしょうか。

結局名古屋の選手が退場した時点で実質試合終了。で、冒頭の皮肉になります。後半は名古屋のペースががくっと落ちたので(あと、ヤノキショーを下げてくれたのはありがたかった)結果は変わらなかったと思いますが、少々苦笑いの勝利でした。

次の相手は得点2位、失点1位のガンバ川崎戦。とにかく点は取れるでしょうから、肝心なのは守備です。昨日の守備だとちょっと不安ではあります。あ、水曜にナビスコあるんだった......。

ここからは写真です。


2013042101
この日はENEOSデー。ドロンパもこの制服着用です。

2013042102
花束贈呈には女子バスケJX-ENEOSサンフラワーズの選手が登場。楢崎選手より背高い人がいるんですか...東京でセンターバックのアルバイトしませんか?

2013042103
寒がりな人。

2013042104
PK1発目。

2013042105
ドロンパと、半月板治療で帰国中の長友エネゴリ君

2013042106
PK2発目。なんで楢崎は先に動いたのか。

2013042107
久々のホーム勝利でドロンパもうれしそう。

2013042108
ルーコンのシャー。

↓そのほかのFC東京ブログはこちら
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

にほんブログ村

|

« ハーゲンダッツ終了のお知らせ | トップページ | エアロスミス、この夏に来日。呼び屋さんはなんと...!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/57218431

この記事へのトラックバック一覧です: 「いいぞ、いいぞ、レフェリー」 (J1第7節 対名古屋戦):

« ハーゲンダッツ終了のお知らせ | トップページ | エアロスミス、この夏に来日。呼び屋さんはなんと...!? »