« なん...だと... | トップページ | ちょっくら味スタへ (J2第12節 ヴェルディ対横浜FC) »

2013年4月29日 (月)

はっきり言って楽勝 (J1第8節 対川崎戦)

2013042900

写真は、試合後の社長への握手待ち行列(笑)。

序盤の東京はエンジンのかかりが遅め。ボールに関わる人数が少なめで単発の攻撃に終始していました。嫁と一緒に「ボランチのどちらかが前に上がった方が...」なんて話していたのですが、前半21分、徳永と前線の4人がまんべんなくボールに絡んで、最後はルーカスがゴール。やっぱりボールが細かく動くとおもしろいし、確実にチャンスが生まれます。

ここから東京は気持ちよく試合を進めて、最後まで試合を支配しました。こんなに落ち着いて見られるクラシコは初めてかもという感じでした。個人でいうと、米本は相変わらず神。もう完全に東京の中盤はヨネで出来ています。東は例のPK失敗からやや消極的なプレーが続いていましたが、この日ゴールを決めてからはすっかり軽快な動きに。ルーカスは...相変わらずプレーで笑いが取れますね。いや、ほめ言葉ですよ。

一方、レナトと中村憲剛抜きの川崎には怖さが全くありませんでした。すっかりカウンター狙いのサッカーで、そりゃあ東京はほっといてもパスミスをするとは思いますが、そこにつけ込むには前線のタレントが不足だろうと。主体的に東京を崩したのは、ロスタイムの稲本のロブ〜パトリックの落とし〜小林のシュートだけだったような。これは見ていてつまらないだろうなあと、人ごとながら思いました。



↓その他の東京ブログはこちら
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« なん...だと... | トップページ | ちょっくら味スタへ (J2第12節 ヴェルディ対横浜FC) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/57270402

この記事へのトラックバック一覧です: はっきり言って楽勝 (J1第8節 対川崎戦):

« なん...だと... | トップページ | ちょっくら味スタへ (J2第12節 ヴェルディ対横浜FC) »