« Jリーグ20週年の国立 (ナビスコ第6節 対新潟戦) | トップページ | ヒューイ・ルイス&ザ・ニューズ来日公演発表 »

2013年5月19日 (日)

ありがとう林君ありがとう (J1第12節 対清水戦)

20130518

勝ちはしたものの全体として低調な出来で、それほどおもしろい試合ではありませんでした。用事があったので、嫁さんが味スタに着いたのが前半半分過ぎだったのだけど、最初に伝えたのが「まだシュート打ってない」だったもん。

特によろしくないと思ったのが攻撃で、マイボール時に前線に4人が張り付いてしまう状況がまたも頻発。形で行くと4-2-4みたいになるんだけど、あれだと相手の最終ラインとマンツーマンみたいになって縦に入れるパスも見え見えで対処されちゃうし、ボランチと距離が開いてしまってこぼれ球を拾えないし、全然良いことがないように見えるんだが......。そんでまた、シュートになる前のお膳立てのパスやクロスが雑なんだよなあ。

あの張り付きをここまでよく目にするということは、きっとポポさんの指示なんだと思うけど、何でだろう。相手のラインを下げさせたいのかね。とにかく実質のシュート数が6本というのは、あの面子の清水相手にはちょっと寂しい数字です。

他にも攻守共にセットプレーの改善が見られないことや、2列目のポジションチェンジがなさ過ぎなことも気になりました。後者はネマ、アーリア、ナオといった変化や勢いをつけられる気の利いた選手を負傷で欠いたことが一番の原因なのでしょうけど。

というわけで、この試合のMVPは権田。権田は2-3回決定機を防いだけれど、一方の清水エスパルスGK林選手は...。ご愁傷様でした。

あとね、年に一度のエスパルスゴール裏味スタライヴを堪能できたのは良かったです。



↓その他のFC東京ブログはこちら
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

にほんブログ村

|

« Jリーグ20週年の国立 (ナビスコ第6節 対新潟戦) | トップページ | ヒューイ・ルイス&ザ・ニューズ来日公演発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/57414966

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう林君ありがとう (J1第12節 対清水戦):

« Jリーグ20週年の国立 (ナビスコ第6節 対新潟戦) | トップページ | ヒューイ・ルイス&ザ・ニューズ来日公演発表 »