« エアロスミス名古屋公演 | トップページ | ミュージック・ポートレイト日本代表スペシャル »

2013年8月18日 (日)

歴然たる力の差 (J1第21節 対マリノス戦)

2013081800

FC東京の前節終了時の順位は7位。上位6チームに対して今年のリーグでの戦績は1分け5敗。これから上位に割り込んで行くには、このマリノス戦は絶対に勝たないといけない試合であり、優勝争いできるかの試金石になる試合でもありました。

「勝つなら1-0。負けるなら3、4点取られて惨敗」と予想していましたが、試合を終わっての評価は......「優勝はおろか、賞金圏争いをするのさえ恥ずかしい。この調子では10位前後が関の山」というものでした。

とにかくチームプレイのレベルが違いすぎます。マリノスは中澤、中村、マルキーニョスといった軸がはっきりしていて、彼らを基準に共通の絵が描けている印象でしたが、東京はそれが見えませんでした。三田を入れた後半は勢いが出ましたが、最後のパスがずれたり、東京の選手が被ってしまう場面が多く、連動した攻撃で相手の守備を崩せたことはなかったと思います。

ディテールの話をすると、まず守備。マリノスはしっかり複数人で囲いに来て、しっかり奪うことが出来ています。一方東京の守備は一人しか行きません。それで奪い返すなりパスコースを切ってインターセプト出来ればいいのですが、結果としては全然出来ていませんでした。たとえば米本は1対1で絡め取るのが得意で、それはいいことなのですが、他の選手がそのあとの展開(奪えたケース、奪えなかったケースそれぞれ)を考えてないように見えるんですよ。なので、守備がどうしても後手後手になってしまうな......。先制点を奪われた場面は典型的でしたね。

下位との対戦では守備の粗は個人能力でカバーできましたが、やはり上位相手には通用しないようでした。とにかく、ボールを奪わないことには攻撃できませんから、ここの改善は最優先だと思います。

もう一つの大きな差はスローインでのリスタート。自ボールのスローインが東京の攻めにつながったケースはあったでしょうか。何せ、2タッチ目くらいまでにはことごとくマリノスに奪われていましたから。スローインだってセットプレーですよ。正直、スローインの練習しているのかなと思いましたね。

あと気になったのが、東京の選手が倒れ込んだ状態でボールをかきだそうとする場面が多かったこと。あきらめない姿勢はいいのですが、そもそも何であんなに転んでるの?

とまあ否定的な感想ばかりで申し訳ないのですが、ホント試合終了直後はブーイングも拍手もする気が起きず、「マリノスの手の上で転がされていたなあ」という脱力感でいっぱいでして、これが正直な感想です。

次の2試合は下位のチームが相手。ここでしっかりと勝ち点6を稼いだ上で、攻守の連係度を上げられるかで、今季の最終順位が見えてくると思います。



↓その他のFC東京ブログはこちら
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

にほんブログ村

|

« エアロスミス名古屋公演 | トップページ | ミュージック・ポートレイト日本代表スペシャル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/58019228

この記事へのトラックバック一覧です: 歴然たる力の差 (J1第21節 対マリノス戦):

« エアロスミス名古屋公演 | トップページ | ミュージック・ポートレイト日本代表スペシャル »