« ポポ監督今季限り | トップページ | だからさあ、やめればいいんじゃん。2ステージ制 »

2013年10月25日 (金)

いったい何なんだろう、この満足感は。(キッス東京公演最終日)

2013102501

キッスのコンサートって、お約束まみれである。ここでジーンが火を噴いて血を吐いて、ここでポールが客席まで飛んできて、ここでギターから花火が打ち上がって、ここでドラムセットがせり上がって、最後は「ロックン・ロール・オール・ナイト」での大合唱と紙吹雪の乱舞....って全部分かってるんだけど、でも楽しい。何回来ても無茶苦茶楽しい。

もちろんね、そもそも今回のステージの出来が良かったのもある。あんなに大きくてクリアなスクリーンと、モスラのような照明セットは迫力だったし、アリーナ後方にいても熱さを感じるくらい(マジです)、過去最大の火炎の量だった。また、この日はテレビの生中継があったせいもあって、一段とメンバーの気合が入っていた。ポールがMCであんなに盛り上げたのは初めてだったし、観客との掛け合いの場面も多かった。Boom! Boom! Boom! とか、好きな日本の食べ物の話とかね。しっかし、好きな日本食が最初に焼きそば、お好み焼き、ラーメンと庶民的なものを並べていって、最後はだんだん高くなってすき焼きとしゃぶしゃぶだったのには、相当笑かしてもらいました。ここで鮨と天ぷらを入れてこないのがさすがキッスだなあと、嫁も申しておりました。

で、キッスのコンサートが楽しい理由には、彼らのサービス精神とか芸人としてのプロ根性とかファンへの誠実さがあるんだけど、他にも大きな要因があって、それは「キッスのファン、観客の態度が圧倒的に正しい」ということだと思います。正しい態度ってどういうことかというと、「一緒になってコンサートを盛り上げよう」「楽しませてもらうんじゃなくて、自分から楽しんじゃうぜ」っていう態度のことです。

例えばこんなことが。コンサート本番前は会場にBGMを流してるじゃないですか。本番が近づくとBGMの音質が変わるので、「お、来た来た」って盛り上がるわけですが、この日そのタイミングで流れたのがツェッペリンの「ロックン・ロール」。ここで観客が曲に合わせて手拍子したり、サビの"Lonely, lonely, lonely, lonely, lonley time"を合唱しちゃうんですよ。10年前に来たときも、フーの「無法の世界」で大いに盛り上がったし、こんな現象他ではなかなか見られないですし、ファンの態度、立ち位置がよく表れているのではないかと。

あとね個人的には、「リック・イット・アップ」(この曲、非常に好きで、愛唱歌です)の中間部に、上記の「無法の世界」を鋏んできたのが嬉しかったです、はい。

 

ここから少しだけ写真を。

2013102502
お約束の現場写真

2013102503
チケットもぎりのお姉さんもメイクでお出迎え

2013102504
通路にあった控え室の掲示。それにしても、スタッフもノリノリである。


セットリスト

1. Psycho Circus
2. Shout It Out Loud
3. Do You Love Me
4. I Love It Loud
5. Hell Or Hallelujah
6. War Machine
7. 上を向いて歩こう
8. Heaven's On Fire
9. Calling Dr. Love
10. Say Yeah
11. Shock Me / Outta This World / guitar solo
12. God Of Thunder
13. Lick It Up
14. Love Gun
15. Black Diamond

encore
16. Detroit Rock City
17. I Was Made For Lovin' You
18. Rock And Roll All Nite



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

|

« ポポ監督今季限り | トップページ | だからさあ、やめればいいんじゃん。2ステージ制 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/58451982

この記事へのトラックバック一覧です: いったい何なんだろう、この満足感は。(キッス東京公演最終日):

« ポポ監督今季限り | トップページ | だからさあ、やめればいいんじゃん。2ステージ制 »