« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月27日 (水)

【小ネタ】「6・3・3・4」

「6・3・3・4制」見直し議論開始 (NHK)


このヘッドラインを見て、「また杉山茂樹が何かほざきだしたな...」と思った人は手を上げなさい。




はーい \(^o^)/






↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

内容では完敗だったけれど(J1第32節 対湘南戦)

ギリギリで結果をつかんだ試合。一見さんや保護者としてきているお客さんはアディショナル・タイム前に帰っちゃいますからね、もう少し早く動いてくださいよ、ポポさん。

20131125

残留には勝ち点3が最低条件で、しかも甲府との得失点差を詰めることが必要な湘南は、その割にはカウンター狙いに見えて、あまり前に出て来ませんでした。そのため試合の頭は東京がペースを握りましたが、そこで点を奪えず、そのまま自ら試合の流れを放棄してしまった格好でした。

なんつうか、東京は守備にも中盤にも前線にも人が少ないように見えます。いや、もちろん人数は相手と等しいんだけど、ポジションチェンジや追い越していく動きが少ないのでそう見えちゃうんですよ。例えばこの日だと三田が非常に硬直的でした。もっとやれる選手だと思うんだけど。

てなことを妻と一緒にぼやきながら見ていましたが、最後のネマのエレガントなゴールでいっぺんに吹き飛びました。今週の「ゆりすぐり」にも選ばれたあのフェイント、甲府戦でも見られましたが、ネマとの1対1を止められるディフェンダーはそうはいませんよ。来年も東京にいてくれるといいなあ。

三人目の動きや攻撃時の人数のかけ方では、湘南が完全に上でした。後半は東京のサイドを何度も崩し、逆サイドでフリーの選手がシュートを打つことが二度三度。湘南は、ホントに最後の一手だけが足りなかった。あれでゴールが決まれば相当痛快で、実におもしろいサッカーをしていると思います。信頼のおけるセンターフォワードがひとりいさえすれば...。

去年はJ2でその痛快なサッカーが実現出来ていました。有望な若手選手が多いので多少は引き抜かれると思いますが、曹監督が留任さえすれば、1年でのJ1復帰は問題なくできると思います。来年はガンバも神戸もいないし、現状の磐田では自動昇格予約済とは言いがたいですし。




↓その他のFC東京ブログはこちら。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月22日 (金)

裏庭の天然と天才(ポール・マッカートニー東京公演最終日)

頑張って、書・き・ま・し・たー

201112201

 

この日の席はアリーナ中央部。元々バンドの腕前が良い上に、写真のようにミキサー席のすぐそばの席ということで、ドームとしては相当音の良い状態で聞くことが出来ました。音像が立ってるのよ、ちゃんと。

: 今回の公演では、携帯やスマホでの写真撮影OKとのアナウンスが出てました。


とにかく、私が行った19日、21日とも予想をはるかに超える怒濤のライブで、終わったら呆然としてました。しかしまあ凄かった。高い音階は、衰えは隠せないにしても問題ない範囲だし(喉のコンディション自体は、19日の方が良かったと思う)、バンドはロック的な曲にうまくはまってる。特に「ヘルター・スケルター」には「これ、ミューズあたりにも引けを取らない、今の音だよね...」と感じましたよ。

でもねえ、なんと言うか演奏力を超えた何かがあるというか、歴史上最強のミュージシャンとはこの人のことかというか、「つまりフォースの使い手?」て感じです。しかしここは重箱の隅らしく、ツッコミを入れてみたいと思います。


続きを読む "裏庭の天然と天才(ポール・マッカートニー東京公演最終日)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

ポール・マッカートニー東京公演2日目

20131120

木曜の公演にも行くので、話はあとでまとめて書きます。だから一言だけ。

 

「マッカートニー半端ないって」



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

おい、嘘だろ......

大竹負傷のニュースを読んで「またかよ...これは来年いっぱいリハビリだな...」と嘆いていたら、立て続けに残念なニュースが飛び込んできた。

梶山陽平選手の手術について (大分トリニータ)




とにかく、つ鶴




↓その他のFC東京ブログはこちら。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

【来日記念】New / Paul McCartney

New (deluxe edition) / Paul McCartney

2013111101

1. Save Us
2. Alligator
3. On My Way To Work
4. Queenie Eye
5. Early Days
6. New
7. Appreciate
8. Everybody Out There
9. Hosanna
10. I Can Bet
11. Looking At Her
12. Road
13. Turned Out
14. Get Me Out Of Here   +  secret track

マッカートニーのアルバムって、けっこう当たり外れが大きいと思いませんか。おそらく、プロデューサーがマッカートニーに駄目出しできる人か否かで決まるんでしょうが、今回のアルバムは「当たり」でしょう。それもかなりの。ライヴでは相変わらず原曲のキーを下げずに歌ってて「不滅」を印象づけていますが、このアルバムではマッカートニー流の老境が見られます。

続きを読む "【来日記念】New / Paul McCartney"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

大事な試合でまた負けました (J1第31節 対セレッソ戦)

2013111001

4万を超える観客の集まったこの試合、営業的にはぜひとも勝ちたかったですが、残念ながら敗北。3万超えの鹿島戦といい、青赤横丁開催試合の負け率の高さといい、どうして営業的に大事な試合で勝てないのかね。しかもこのチーム、カップ戦決勝は全勝だから、わけわかりません。

続きを読む "大事な試合でまた負けました (J1第31節 対セレッソ戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

マッカートニーのチケット、キターッ!!

以前ここで紹介した、ポール・マッカートニー直売のチケットが本日郵送で届きました。

2013110601

このようにフランスから国際書留で届いたのですが......


2013110602

封筒から出てきたのは、写真じゃわかりにくいですが、キョードー東京の台紙に印刷されたチケット。日本でチケットを印刷して、それをわざわざフランスに輸送して、それをまた日本に郵送してきたのか? それとも台紙をフランスに持って行って印刷したのか.........?

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

年間チケット更新

2014年間チケットご購入について (FC東京)


これで当面最後かもの、年間チケット更新を済ませました。

手続きはインターネットで行いました。セキュリティ的に「こりゃ高木浩光氏に突っ込まれたら完全にアウトだな」という箇所があったので、コメントにお小言書いてポチ。チケットは2014年度より値上げになりましたが、継続ソシオは2000円割引なので実質同額ですみました。

ところで来年4月から消費税が8%になりますよね。年間チケットはたいてい3月までに売り切るでしょうからよいとして、政府は「消費税還元セールはするな」みたいなこと言ってるので、4月以降の一般発売のチケットは3%値上げなんでしょうかね。前売り券で試算してみると、

メインSS指定 6200円 → 6377円
バック上層自由 3100円 → 3188円
ホーム自由 2300円 → 2365円

みたいなことするのかな?



↓その他のFC東京ブログはこちら。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

天皇杯のリプレイでした (ヤマザキナビスコ杯決勝)

フジテレビ中継でTV観戦。

鈴木、大谷、橋本の3人を欠く柏レイソルに対して、ベストメンバーの浦和レッズ。試合前は浦和若干有利と思っていましたが、柏が前半ロスタイム、たぶん最初のチャンスで得た得点を守りきって優勝。元日の天皇杯決勝と同じシナリオでしたね。浦和は槙野のサイドからかなり崩していましたが、中央を固めた柏がしのぎきりました。

これで柏ネルシーニョはJ2、J1、ゼロックス、天皇杯、それにちばぎんカップとあわせると、誰もなしえない国内タイトルコンプリートを達成(あ、ジェフ千葉は可能性あるのか。可能性は)。この勝負強さは現在国内一ですね。戦術の柔軟性もたいしたものです。ACLはあと一息でしたが、来年はコパ・バンコ・スルガで初の国際タイトルを獲って欲しいものです。

一方浦和のペトロビッチは、またもや主要タイトルを逃しました。あの独特で高度な連係サッカーはおもしろいですが、どうしてもメンバーを固定せざるを得ないので、選手層が厚くならない。あと、プランBも作りづらいのがタイトルに縁が薄い理由じゃないかと。

ここは彼の責任というより、クラブとしての育成哲学が問われるところと思います。たとえばバルサもずいぶん独特なサッカーですが、あそこは下部組織も同じサッカーをやっているので選手供給のあてがある、とはいえそれがちゃんと回り出すのに20年かかった訳ですから。


 

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »