« マッカートニーのチケット、キターッ!! | トップページ | 【来日記念】New / Paul McCartney »

2013年11月10日 (日)

大事な試合でまた負けました (J1第31節 対セレッソ戦)

2013111001

4万を超える観客の集まったこの試合、営業的にはぜひとも勝ちたかったですが、残念ながら敗北。3万超えの鹿島戦といい、青赤横丁開催試合の負け率の高さといい、どうして営業的に大事な試合で勝てないのかね。しかもこのチーム、カップ戦決勝は全勝だから、わけわかりません。

でも、この結果は妥当なものでしょう。明らかにセレッソの方が強かったです。たとえば、セレッソによるバイタルエリアでのパス交換はスムーズかつスピーディで東京に脅威を与えていましたが、一方東京のそれは非常にぎこちないものでした。また、攻撃時のセレッソはペナルティエリア内に前の4人プラス山口の5人は進入していますが、東京は多くても4人。守備時も、セレッソは扇原が下がって5バック気味にきっちりブロックを作りますが、東京は単独でボールに食いつくディフェンスなので、技術のある相手だとあっさりかわされる傾向にあります。

決勝点は完全に東京DFの判断ミスというか、柿谷の頭の良さが出たプレー。柿谷一人に対して東京DFは二人いましたが、柿谷は普通ならオフサイドのポジションにいて(ゴールキックのリスタートではオフサイドはない)、しかもDFの間ではなくサイドバックの裏みたいなとこにいました。これなら実質DFと1対1。相手のGKもそこをよく見ていたし、セレッソが唯一風を活用したプレーでした。

東京は前半の戦い方が非常にもったいなかったです。風上ということを意識しすぎたのでは? 妙に長いボールが多く、自らリズムを作り損なった気がします。前半20分頃に米本が負傷したのも痛かったですね。ヨネは治療してピッチに戻ったものの、足を滑らしたりパスが短くなったり、サイドチェンジのロングパスが全く見られないなど、明らかに負傷の影響がありました(結局前半で交代)。

後半はアーリアがセンター・ハーフに下がったせいか、完全に地上戦の展開になり、山ほどチャンスを築いたけれど、決めるべき人、千真がスランプだなあ......。今季前半はうまくできていたポストプレーも、すっかり影を潜めてしまったし。3人目の交替も、タイミングが難しかったのは分かるけど、やっぱりポポさんは勝負師じゃないなあというものでした。この試合を見る限りだと、監督交代もやむを得ないかなあと思いました。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

にほんブログ村

|

« マッカートニーのチケット、キターッ!! | トップページ | 【来日記念】New / Paul McCartney »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/58552229

この記事へのトラックバック一覧です: 大事な試合でまた負けました (J1第31節 対セレッソ戦):

« マッカートニーのチケット、キターッ!! | トップページ | 【来日記念】New / Paul McCartney »