« ポール・マッカートニー東京公演2日目 | トップページ | 内容では完敗だったけれど(J1第32節 対湘南戦) »

2013年11月22日 (金)

裏庭の天然と天才(ポール・マッカートニー東京公演最終日)

頑張って、書・き・ま・し・たー

201112201

 

この日の席はアリーナ中央部。元々バンドの腕前が良い上に、写真のようにミキサー席のすぐそばの席ということで、ドームとしては相当音の良い状態で聞くことが出来ました。音像が立ってるのよ、ちゃんと。

: 今回の公演では、携帯やスマホでの写真撮影OKとのアナウンスが出てました。


とにかく、私が行った19日、21日とも予想をはるかに超える怒濤のライブで、終わったら呆然としてました。しかしまあ凄かった。高い音階は、衰えは隠せないにしても問題ない範囲だし(喉のコンディション自体は、19日の方が良かったと思う)、バンドはロック的な曲にうまくはまってる。特に「ヘルター・スケルター」には「これ、ミューズあたりにも引けを取らない、今の音だよね...」と感じましたよ。

でもねえ、なんと言うか演奏力を超えた何かがあるというか、歴史上最強のミュージシャンとはこの人のことかというか、「つまりフォースの使い手?」て感じです。しかしここは重箱の隅らしく、ツッコミを入れてみたいと思います。


「ポール・マッカートニーは長嶋茂雄(と同じ天然さんである)」という説を唱えたのは松村雄策さんだったか森山直明さんだったか、もう分からなくなってしまったけど、本当に上手いこと言ったもんだなと(サッカー・ファン的にはディエゴ・マラドーナと比べたいところだけど、マッカートニーはディエゴほどワルじゃないし)。

たいていのコンサートでは、本番開始前に音楽流してるじゃないですか。キッスだとハード・ロックだし、ストーンズやエアロスミスだとリズム&ブルースが中心。ところがですね、ポールさんはなんと、自分の曲を流してるんですよ。

え?

 

両日とも本編開始の25分くらい前から、リミックスしたビートルズやウィングスの曲のメドレーが、特製のビデオとともに流れはじめました。ここがコンサートの始まりという意図は理解できましたし、リミックスかなりの力作であることも分かりました。でもね、自分の曲流すなんてこと普通はしませんよ。たぶんね、サー・ポールは「だって、僕のコンサートに来てる人が一番知ってるのは僕の曲だし、知ってる曲の方が会場が暖まるだろ?」くらいの考えだったと思います。ただ、客からすると「今流れてる曲は本編ではやらないのかなあ...」って思ったじゃないの

本編の選曲でいくと、ひとりビートルズとしての責任の自覚なんでしょう、ジョン主体の曲を2曲もやり、前回はウクレレのみのアレンジだった「サムシング」を、今回は後半を原曲に忠実に演奏しましたが、その一方で自作曲で「オール・トゥゲザー・ナウ」や「ラヴリー・リタ」のような、まあなんつうか正直言ってクズ曲を選ぶのはどんなもんでしょう。他にもっといい曲が山ほどあるでしょうが。

また、「福島のために」と「イェスタデイ」をトリビュートしましたが、この曲、歌詞的にふさわしくないよね。特に Now I need a place to hide away. なんて全然洒落にならないじゃないですか! このように、「もう少し考えればいいのに」と思うことがしばしば。そういえば、サー・ポールは「飢餓や災害に苦しむ人に対して『なすがままに』はないんじゃね?」てな批判を受けつつも、数々のチャリティイベントで「レット・イット・ビー」を歌ってきた人です。そういう人なんです。ポールには皮肉も悪意もないんです。みんなに親しまれている曲を捧げたい、ただそれだけなんです。

他にもあります。「ナンシーのために」と言って「マイ・ヴァレンタイン」をやり、「リンダのために」と言って「恋することのもどかしさ」をやったんですが、そうなると「2回目の結婚はなかったことにしたいんですね分かります」って総ツッコミ入るに決まってますわな。

この隙の多さというか、究極のツッコまれ体質というか、超天然さんなのにはジョンもジョージもリンダもマイケル・ジャクソンも苦労させられて、今頃天国の居酒屋でネタにして話してるんだろうなあと。

 

でもね、そこを含めてのポール・マッカートニーなんですよ。つうか、ツッコミの入れられないポールなんてポールじゃない! そんで「くだらないラヴ・ソングだけど、それのどこが悪いの?」と真顔で返しちゃう。本人は全然意識してないけれど、その凄みたるや。 

というわけで、「心のラヴ・ソング」のベース、いつかライヴで聴かせてください。切にお願いします。


11/19セットリスト
1. Eight Days A Week
2. Save Us
3. All My Loving
4. Jet
5. Let Me Roll It
6. Paperback Writer
7. My Valentine
8. Nineteen Hundred And Eighty-Five
9. The Long And Winding Road
10. Maybe I'm Amazed
11. Things We Said Today
12. We Can Work It Out
13. Another Day
14. And I Love Her
15. Blackbird
16. Here Today
17. New
18. Queenie Eye
19. Lady Madonna
20. All Together Now
21. Lovely Rita
22. Everybody Out There
23. Eleanor Rigby
24. Something
25. Ob-La-Di, Ob-La-Da
26. Being For The Benefit Of Mr. Kite!
27. Band On The Run
28. Back In The U.S.S.R.
29. Let It Be
30. Live And Let Die
31. Hey Jude

Encore 1:
32. Day Tripper
33. Hi, Hi, Hi
34. I Saw Her Standing There

Encore 2:
35. Yesterday
36. Helter Skelter
37. Golden Slumbers
38. Carry That Weight
39. The End

11/21セットリスト
1. Eight Days A Week
2. Save Us
3. All My Loving
4. Listen To What The Man Said
5. Let Me Roll It
6. Paperback Writer
7. My Valentine
8. Nineteen Hundred And Eighty-Five
9. The Long And Winding Road
10. Maybe I'm Amazed
11. I've Just Seen A Face
12. We Can Work It Out
13. Another Day
14. And I Love Her
15. Blackbird
16. Here Today
17. New
18. Queenie Eye
19. Lady Madonna
20. All Together Now
21. Lovely Rita
22. Everybody Out There
23. Eleanor Rigby
24. Something
25. Ob-La-Di, Ob-La-Da
26. Being For The Benefit Of Mr. Kite!
27. Band On The Run
28. Back In The U.S.S.R.
29. Let It Be
30. Live And Let Die
31. Hey Jude

Encore 1:
32. Day Tripper
33. Hi, Hi, Hi
34. Get Back

Encore 2:
35. Yesterday
36. Helter Skelter
37. Golden Slumbers
38. Carry That Weight
39. The End

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

|

« ポール・マッカートニー東京公演2日目 | トップページ | 内容では完敗だったけれど(J1第32節 対湘南戦) »

コメント

ポールは天然で天才。
正にそうですね。
いろいろなエピソードが彼は天然で天才であることを示しています。
でも基本的に彼は優しく穏やかで温かい。
そういう彼がとても好きです。

投稿: white apple | 2013年12月 1日 (日) 13時32分

ポールは天然ですよね、そこは否定しませんが
でもLet It Beをチャリティで歌うのに対する批判は
日本人が宗教的知識に欠けているだけじゃないかと・・・
まず、なすがままに、という日本語の訳は、この曲がダブルミーニングで
宗教色を意識している以上、誤訳でしょう。
ポールはカソリックですが,これはスパルタな宗教ですから、
のうのうとしていて神に救ってもらおうなんていうのは通りません
常に人間ができる最大の努力を求めます。
ですから、Let It Beも、前提条件として人ができる限りの努力をした上で
神の御手に運命を委ね、救いを待とう、という意味になります
ビートルズ解散の時、メンバーの誰よりも存続のために働きかけ、心を砕いた
ポールの立場や心境そのものの歌詞だと思います
カンボジア難民救済コンサートでは多くのミュジシャンが
彼らができる最大の努力の形として協力し、チャリティコンサートを成功させました
この曲が場にそぐわない選曲であれば準備の段階で反対の声が上がったはず
個人的にはチャリティという趣旨にこれ以上、ふさわしい曲はないのではないかと思っています

投稿: 天然だけど | 2013年12月 6日 (金) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/58612172

この記事へのトラックバック一覧です: 裏庭の天然と天才(ポール・マッカートニー東京公演最終日):

« ポール・マッカートニー東京公演2日目 | トップページ | 内容では完敗だったけれど(J1第32節 対湘南戦) »