« 今度はカレー離れなの? | トップページ | 出て行く人が多いですね »

2013年12月31日 (火)

2013年シーズン終了 (天皇杯準決勝 対広島戦)

20131231

この日国立に到着したのが前半30分の頃。最初に見たのは佐藤寿人の早い動き出しにやられかけた場面。この日は東京がホーム扱いの試合だが、とにかくリーグ戦ホームでは広島に、というか寿人にやられっぱなしなので「ああ、また今日もか」と思った。ただここをしのぐと、実にカップ戦らしい互いに隙を見せない堅い試合となった。

この日の東京は、エルゴラの予想通り3-4-2-1の布陣。守備時にはしっかり5バックで守れていたと思う。ただし、マイボール時に4-1-5になる浦和や広島と違って、東京攻撃時の前線は千真、東、アーリアの3人だけで、人が足りない印象。いくら普段4バックとはいえシーズン中には何回もこの布陣でやっているわけで、もう少し何とかできなかったのかとは思う。

交代策もかなり苦しかった。千真を下げてナオを入れ、ナオはどこに入るのかと思ったら、1トップの位置に入った。ルーカスも平山もいない、林はまだ信頼を得ていない中で、ナオに裏を狙わせる策と想像したんだけど、その割りにはナオを使うパスが出ず残念ながら不発。この辺から秀人が二列目に上がり、代わりにアーリアが中盤の底に下がる、たぶん配球重視の布陣もやっていたと思うが、これもあまり効果が無かった。このあたりの、試合に応じての打開策に物足りなさを感じるところがポポさんへの不満で、やっぱり育成を得意とする人なんだろうなと。

PK戦ではタマの助走が長いのを見て「まずい。私でもメイン側に蹴るの分かる」と思ったら案の定止められてしまい、ここで流れが変わった。だってあんなにスピード上げたら、あそこにしか蹴れないじゃないですか。それに加え、ヒョンスまでは西川が動くのが早かったのが、ここからそれが無くなったように見えた。完全に結果論だけど、ネマのようなベテランを入れていれば......。


これで2013年シーズンは終了。リーグ王者に対して無失点だったのだから、結果としては悪くない試合だった。ただシーズン中の、殻を打ち破りきれない印象を象徴する試合だったとも言える。昨日から一気に人事が公表されて、新監督の他に幸野復帰に平松引退、丸山と林の期限付き移籍、大竹の完全移籍が発表された。外国籍選手もすべて入れ替わるみたいだし、ずいぶんと違うサッカーになるのだろうなと思っている。我が家では新監督の名前が覚えられず、

妻「フェットチーネ監督だっけ?」
私「いや、フォカッチャだったような」

とボケ合戦になっているのだが、イタリア人らしい守備意識を植え付けてもらいたいと期待している(ころころ監督を替える強化部には不信感を持っているのだが)。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください!
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

にほんブログ村

|

« 今度はカレー離れなの? | トップページ | 出て行く人が多いですね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/58856559

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年シーズン終了 (天皇杯準決勝 対広島戦):

« 今度はカレー離れなの? | トップページ | 出て行く人が多いですね »