« dia obrigado (J1第34節 対仙台戦) | トップページ | "Quality Street" ニック・ロウ »

2013年12月11日 (水)

Jリーグ順位予想反省会(J1編)

まずは私の順位予想と結果の確認から。

順位    予想                  結果
1    FC東京        サンフレッチェ広島
2    サンフレッチェ広島  横浜Fマリノス
3    浦和レッズ      川崎フロンターレ
4    セレッソ大阪     セレッソ大阪
5    名古屋グランパス   鹿島アントラーズ
6    川崎フロンターレ   浦和レッズ
7    鹿島アントラーズ   アルビレックス新潟
8    横浜Fマリノス     FC東京
9    サガン鳥栖      清水エスパルス
10    柏レイソル      柏レイソル
11    ベガルタ仙台     名古屋グランパス
12    ジュビロ磐田     サガン鳥栖
13    アルビレックス新潟  ベガルタ仙台
14    大宮アルディージャ  大宮アルディージャ
15    大分トリニータ    ヴァンフォーレ甲府
16    清水エスパルス    湘南ベルマーレ
17    湘南ベルマーレ    ジュビロ磐田
18    ヴァンフォーレ甲府  大分トリニータ

何度でも書いちゃいますけど、大宮の順位を当てたので私は満足しています。

さて、ここで見ると分かるように、2月にやったスカパーの予想番組で、広島の優勝と予想した人は一人もいませんでした。2位でさえ、22人中2人しかいません。

そうすると私の予想は、東京の優勝予想はただの願望ですので、実質的に優勝チームをずばり的中させたと言っていいでしょう。ドヤッ

(うわー、みっともない言い訳だ)

 

ちなみに、スカパーでの優勝予想で多い順は

柏(6票)  → 10位
浦和(5票)  → 6位
鹿島(5票)  → 5位
名古屋(3票)  → 11位
仙台(1票)  → 13位
セレッソ(1票) → 4位
鳥栖(1票) → 12位

でした。ACL圏内を達成したチーム、ここにひとつも入ってません。いかに予想が当たらないかということですね。

とはいえ、私も5位以上予想を外したのが東京とマリノス、新潟、名古屋、清水、磐田と6チーム、全体の3分の1もあるので、そりゃtotoも当たらないはずですわ。

新潟についてはヤンツーさんの力量を過小評価してました。すみません。名古屋の不振は監督の手腕よりもレギュラー選手の衰えが影響しているように見えました。清水は、序盤は降格まっしぐらという感じでしたが、よく立て直しましたと思います。鳥栖と同じで補強が成功したクラブと言えるでしょう。

磐田はねえ......補強も少なかったし、イノryの給料が高すぎたお金がないんだろうなと。直感レベルだけど、来年1年でJ1復帰はないんじゃないかな。まだ監督が決まっていないというのも不安材料。東京については別記事で書く予定です。

 

ちなみにイryの移籍先予想は、本命:大宮、対抗:名古屋、穴:ガンバです。






↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« dia obrigado (J1第34節 対仙台戦) | トップページ | "Quality Street" ニック・ロウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/58737035

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ順位予想反省会(J1編):

« dia obrigado (J1第34節 対仙台戦) | トップページ | "Quality Street" ニック・ロウ »