« Maybe the last time. I don't know. (ローリング・ストーンズ日本公演最終日) | トップページ | 結果で示せ »

2014年3月 9日 (日)

静かな開幕戦でした (J1第2節 対甲府戦)

20140309

ストーンズに手一杯で、前節柏戦の映像も見られないまま向かった味スタ。

まあ予想はしていましたが、東京は今ひとつもふたつもパッとしない出来。試合終了時のブーイングはさすがに早すぎるんじゃないかと思ったが、つまらない試合だったというのは同意。

東京の攻撃時に最前線と中盤との間が離れているのと、前線のポジションチェンジが少ないのが気になった。とても静的な攻撃。トップ下というかインサイド・ハーフというか、この日だと東とタマのポジションの出来に大きく左右されるサッカーか。比べるのは酷ですが、ユベントスのビダルとマルキジオみたいな動きが出来ないと今後苦しくなるかも。

あと思ったのは、攻守全般のバランス重視らしいサッカーだなと。開幕前に読んだエルゴラでのタマのインタビューで、「ボランチが斜めに追い越すような動きはやらない」てなことを言ってましたが、これ読んで2011年の浦和におけるゼリコ・ペトロビッチ采配を連想しちゃって、ちょっと心配なのだが...。

甲府は2005年以来のFWで先発の盛田がいい仕事をしていたのと、太田の背後のスペースを使う狙いが徹底されていた。失点になったGKのチョンボや、ロングパスのずれなどは明らかに練習不足が原因だろうが、やれる範囲でベストの出来だったのでは。


↓その他の東京ブログはこちら
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« Maybe the last time. I don't know. (ローリング・ストーンズ日本公演最終日) | トップページ | 結果で示せ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/59264189

この記事へのトラックバック一覧です: 静かな開幕戦でした (J1第2節 対甲府戦):

« Maybe the last time. I don't know. (ローリング・ストーンズ日本公演最終日) | トップページ | 結果で示せ »