« 他人事ではない浦和への処分 | トップページ | マジで? マッカートニー半年後の再来日 »

2014年3月24日 (月)

何もなかった (J1第4節 対川崎戦)

最初は悪くなかった。川崎のパスがずれるのを見逃さず、東京はそれを奪ってチャンスを複数回作った。ここで1点取れていれば、そのあとずいぶん楽になっただろうに。

20分くらいから川崎がズレを修正してくると、そこからは為す術がなかった。東京ゴール前25mくらいのところに川崎が縦パスを入れる→ワンタッチで後ろに戻す→それをまたワンタッチで別の受け手に縦パス...の連続で、東京はパスの受け手をつぶせず振り回されるばかり。守備が後手後手に回る中2度完全に裏を取られて、いずれもオフサイドで救われたが、失点は時間の問題に見えてきた。

ところが失点はもっと悪い形で起きた。ヨネの自陣での横パスを奪われスコーンと失点。そのあとの3失点も、すべて東京のミスで与えたもの。前半アディショナル・タイムには東京のCKなのにタマがボールを奪われ失点。タマは執拗に抗議していたが、たしかに本人にすれば被ファウルだったのかもしれないが、そこまで独りよがりなプレーが目についていたタマだったので、正直見苦しかった。タマは4失点目の直接原因にもなったりで、全くもって彼の日ではなかった。後半開始時点で下げるのはヨネじゃなくてタマだったと思ったんだが......。

 

後半はもっと悲惨だったなあ。東京はボールが収まるところがないし、パスが連続で回ることもないし、個人で突破もできないし、球際でも負けてる。最後はアンカー東というやけくそ気味な布陣に、モリゲは4試合でもう3枚目の警告もらうしで、収穫なし。ホントになし。試合終了前にとっとと帰った人が多かったのか、帰路のコンコースや電車の空いてることといったらあなた。とにかく忘れてしまいたい試合だったが、以下のことは書いておきたい。

 

試合終了時近くに加賀が接触プレーで倒れ、プレー続行が不可能になった。あとで録画を見たら、川崎の安選手の肘が加賀の喉を強くヒットしていた。競り合いや、相手をふりほどこうとして偶然当たったのではなく、明らかに意識して肘を振っている。あの体勢でああいう風に肘を動かせば、相手に当たりうることが想像できないのだろうか? 想像できなかったのであれば極めて低品質なプレーだし、何となくでも予測できてたのであれば意図的な肘打ちであり許せない。どちらにしても、この安選手はピッチに立つレベルにないと思う。あのプレーに警告どころかファウルすら出なかったのも、審判どこに目がついてるのという感じだ。



↓その他のFC東京ブログはこちら。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 他人事ではない浦和への処分 | トップページ | マジで? マッカートニー半年後の再来日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/59347507

この記事へのトラックバック一覧です: 何もなかった (J1第4節 対川崎戦):

« 他人事ではない浦和への処分 | トップページ | マジで? マッカートニー半年後の再来日 »