« 試合はほとんど見てません (ナビスコ第2節 対仙台戦) | トップページ | 井の頭線の車内にて »

2014年4月 7日 (月)

両目が開いた (J1第6節 対鳥栖戦)

2014040701

鳥栖は相変わらずのハイ・プレッシャーと、奪ったらすばやく前に運ぶ攻撃で、相手にするとやっかいなことこの上ない。東京は鳥栖のカウンターへのカウンター返しで対抗。なので、中盤の3人と前線の3人との間がけっこう離れてしまってはいたが、その分トップ下の河野が自由に動くスペースが多くなったとも言える。これは良いのか悪いのか。これだともうちょっと東くんが前に絡んでこないと、厚みのある攻撃は難しいような。先制点の場面は、それが出来た数少ない場面でした。でも二重スルーは心臓に悪い(笑)。 

ヨネのところは明らかに狙われてた感じ。東京はヨネのボール奪取率の高いのは分かっているので、他の選手はそれを前提として攻撃に気持ちが傾きかけている。ところが鳥栖もヨネにボール奪取されるのは織り込み済みで、そこに3人くらいかけて再度奪いに来て実際けっこう奪い返していた。東京は攻撃に行きかけてるのに「ありゃりゃ?」という感じで守備に戻さざるを得ず、なんとか真ん中ではじき返すという繰り返し。ヨネのサイドはキム・ミヌと安田という強者揃いなので苦戦するのはある程度しょうがないけれど、これだと次節以降も狙われるんじゃないかな。ヨネ得意の浮き球パスが出せるように、回りの選手が相手を剥がすような動きをしてほしいです。

最後は1失点して眠らない街を歌えない状態でしたが、なんとかリーグ戦ホーム初勝利をもぎ取りました。これで選手もファンも落ち着くと思います。現状のままだと上位に割って入るのは厳しそうだけど、ブロック守備はだいぶ様になってきたんじゃないかな。

 

ここからは写真です。


スタジアム通りの桜。
2014040702


100試合って誰のことかと思いましたが、ヨネのことだったようです。

2014040703


鳥栖からお越しの皆様。「正直田舎者」も健在。

2014040704
 

 

今季は生き生きとしている河野。
2014040705


ソシオ10年目ですが、味スタのコンコースから富士山が見えるなんて初めて知りました。

2014040706




↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 試合はほとんど見てません (ナビスコ第2節 対仙台戦) | トップページ | 井の頭線の車内にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/59427664

この記事へのトラックバック一覧です: 両目が開いた (J1第6節 対鳥栖戦):

« 試合はほとんど見てません (ナビスコ第2節 対仙台戦) | トップページ | 井の頭線の車内にて »