« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月28日 (水)

集団的自衛権

5月16日夜放送のNHKスペシャル「集団的自衛権を問う」をようやく見終わったので、思うことを書くことにする。この番組、今のところ予定は無いようだが、再放送を望む。NHKオンデマンドでは見られるそうですが......。

続きを読む "集団的自衛権"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

けっこう冷え込みましたね (ナビスコ第4節 対清水戦)

2014052100

清水の二列目(高木俊、河井、大前)と東京の中盤(ヨネ、東、秀人)の質の比較で完全に負けてたので、敗戦は必然。しかし、1失点目と2失点目は崩されてのものではなく東京のミスが原因なので、そこはいささかご立腹。特に秀人の出来に不満。

彼は頭脳派プレーヤーと言われることが多いけれど、それはフィジカルや技術の面で勝ち目がないことの裏返しなんだから、もっと判断ミスや出来の波を減らさないとこの先はないと思う。この日も自陣で無意味なオサレプレーが失点の原因になってしまったが、この1年で判断ミスによる失点を3回目撃したことになり、ちょっと多い印象だ(私、アウェイは基本見ないので、約20試合で3回目撃した勘定)。

エドゥーは素晴らしかった。しかしこの日の攻撃はちょっと「エドゥー頼みの○○サッカー」だったとも言える。武藤君は判断の質を上げること。後半38分のあれにはひっくり返ったよ。あと全般的にパスが優しいというか、弱い。短い。カク・ヒジュは無難にこなしたかな。

清水の大前とノバコビッチはさすがでした。




↓その他のFC東京ブログはこちら。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月21日 (水)

ポール・マッカートニー日本ツアー中止

まずはご本人の健康回復が一番。無理してステージに立つ姿は見たくない。でもまあ仕事中毒の人だから、この土曜日曜は、本人がギリギリまでキャンセルを渋ったんだろうな。

ちゃんと数えたわけではないが、1975年と1980年のウィングス公演を含めると、マッカートニーは日本公演キャンセル数トップの座を独走中ではないかと。さすがです(笑)。

 

キャンセルに伴うキョードー東京の対応が完璧だったとは言いません。でもあそこがおそらく社員50人もいない零細企業であろうことを考えると、平行して他の公演もやってるわけだし、「さぞかし修羅場だったろうな...2日くらい徹夜してるんじゃないの?」という心配が先に来てしまいます。損失は保険でけっこうカバー出来るでしょうけど、どうしてもすぐ払わざるを得ない支出と保険金が入るまでのタイムラグはあるからなあ。資金繰り大丈夫でしょうか。

あとグッズ販売って、委託販売なのか完全仕入れなのか、どっちなんでしょうね。後者だとするとかなり痛手ですね。公演日付入りのTシャツは売ってもいいんじゃないですか。

チケット販売に関してはですね、去年11月の公演でも思ったんですけど、席の多くはマッカートニーの直販が押さえていて、呼び屋さんに卸されていたチケットは通常のコンサートに比べると少なかったのではないかと想像してます。その理由はギャラを、ひいてはチケット価格を低く抑えるための妥協策だったんじゃないかと。海外との比較ではチケットそう高くないですし(武道館はキャパ面で例外)、Out Thereツアーには冠スポンサー付いていませんし。あ、以上は想像ですよ、想像。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

マッカートニー武道館まだ買えますね

Web魚拓

突然復活しとる......。期限までに発券されなかった分なのか、ステージセット決定による追加席なのか。いずれにせよ、私はナビスコ清水戦に行きます。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

管理人、国立のピッチに立てず

20140518_paul

「ポール・マッカートニー 」国立競技場公演に関しまして (キョードー東京)

20140518_programme

報道の通り、ポール・マッカートニーの国立競技場公演はキャンセルになりました。明日行う予定だった17日土曜日分の振り替え公演もありません。マッカートニーのことだから、1年以内にまた来日するような気がしてならないんですが。

一番上の写真は、今日会場周辺でキョードー東京の人が配ってた、公演キャンセルのお知らせチラシ。今日はサウンドチェックに人を入れるとこまでは行ったみたいなので、そのあとで数万枚を速攻で用意したのかな。最悪の事態に備えてあらかじめ用意してたのかもしれませんが。それはそれで大変だったでしょうが、残念なのは日本語でしか記述が無いこと。"The two shows at National Stadium are cancelled. Please wait for further notice for refund."くらいは入れて欲しかった。外国人のお客さんで質問している人もいたしね。

次の写真は今日売店で買ってきたプログラム。去年のものと表紙の色が違うのと、日本ツアーの記録が挿入されている点が主な違いでした。


それはさておき実は私、土曜日曜のチケットどちらも確保していまして、ガンバ戦はスキップしました。しかも土曜はアリーナ席が取れていたので、「ついに国立のピッチに立てるぞー」と意気込んでいたのですが、残念ながらその夢は叶わず。

とりあえず、(今の姿からは)さらばだ俺たちの国立!

 

20140518_stadium



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

野暮を承知でツッコミ

bijo de futebol

about "bijo de futebol"
より

我らがSAMURAI BLUEは世界の舞台で果たしてどんな活躍を見せてくれるのか?
メッシは、ロナウドは、ネイマールはブラジルのピッチの上でどんな輝きを放つのか?

4年に1度の祭典に興味は尽きることがありませんが、アスリートたちが誇りをかけた気高い闘いを彩る美人サポーターたちも見逃せない魅力のひとつ。

美しきサッカー女子のポータルサイト「bijo de futebol」は、サッカーをこよなく愛する美しき女性たちをご紹介して参ります。


鳴海光里さん

2014051801

サッカーのルールは全くわかりませんが、サッカーのことはこれから色々覚えていきたいと思います!!



この人、本当に「サッカーをこよなく愛する」人なのか?




↓突っ込んだら負けと思った方はクリックしてください
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジロ・デ・イタリア第6ステージ

ジロ・デ・イタリア2014 第6ステージ レースレポート (J Sports)

昨日の深夜、J Sports 4での生放送を見てない人には一体全体何のことやらですが、「フェアプレー」について考えさせられたのでメモ代わりに書いてみる。知らない人には全く分からない記事ですみません。

ルール上、BMCもオリカも全く違反はしていない。勝負の最終局面に入っているタイミングでの集団落車だから、先頭は待つ必要は無いのは確か。「あれは運ではなく、レースの一部」という考え方だ。

ただあれほど大規模の落車で、総合争いの選手ほとんどが影響を受けていたのだから、先行した約10人は待って欲しかったというのが私の感覚。それに、重傷者が普通に発生しますからね、自転車ロードレースは。昨日だって落車したカルーゾがピクリともせず道路に横たわっていて、「まさかウェイラントの二の舞...」とテレビの前で怯えてましたよ。ああいうのを見ちゃうと、感情的にちょっと......。サッカーで「あれはハンドだ」「ダイブだ」でもめるなんて可愛いもんです。

おととしのツール・ド・フランス第14ステージでの鋲撒き事件の時、総合リーダーのウィギンスはエヴァンスを待った。エヴァンスほどのレーサーであれば、昨日はリーダーのマシューズにスローダウンを提案してればすっきりしたのになあ、という思いが残る。とはいえ、これはルールではなくマナーの話と思うので批難や強制は出来ない。うーん、フェアプレーって難しい。


(追記)
......と書いたら、エヴァンス自身から「ペースアップを図るべきではないと思った」との発言が。また、相当やばそうに見えたカルーゾは骨折はしてないそうです。

ホアキン、リタイヤか......。





↓その他のFC東京ブログはこちら。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

サッカーにおける機械判定への私見

開幕戦まであと4週間に迫ったFIFAワールドカップ・ブラジル大会。今回から「ゴール・ライン・テクノロジー」という機械判定システムが導入されます。去年のコンフェデレーションズ・カップで試用されており、長期運用という観点では、今季のイングランド・プレミアリーグでも使用済みで、シーズン終了のこの時点で特に話題になってないということは、判定精度に問題はなかったのでしょう。

さて、個人的には「機械判定の適用範囲は、ボールがゴールラインを割った否かだけに限定すべき」という意見を持っています。

他競技で感じた例ですが、実は2011年ラグビー・ワールドカップをテレビで見ていて、この競技にビデオ判定が導入されているのを初めて知ったわけです。で......正直言って見ていてちょっとイライラしました。スタジアムだとまた違った感じになるのかもしれませんが、テレビで見ている限りでは「長時間待たされている」感じが否めず、気持ちが盛り上がりませんでした。

続きを読む "サッカーにおける機械判定への私見"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

ワールドカップ日本代表

大久保が選出されたことよりも、細貝が外れ青山が選ばれたことの方がサプライズということで我が家の見解は一致。ボランチの先発は山口と長谷部が組んで、勝負所から遠藤という流れになると思いますが、守備的な選手がちょっと少ないんじゃないですかね?

東京からは権田と森重が選出。秀人も予備登録には入ると思う。えーと、とすると次のナビスコはGK塩田で、CB加賀かカク・ヒジュが出るとして、アンカーにはヨネが回るのかな。


↓その他のFC東京ブログはこちら。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

マッカートニーの武道館。高っ!!

ポール・マッカートニー再来日、日本武道館での追加公演決定。初来日以来48年ぶり (ロッキング・オン)

 

ストーンズの2003年武道館公演の時はS席22000円で、ドーム公演の倍くらいの値段。この時は自分には理解できる範囲だったから頑張って取りに走ったけれど、今回の「アリーナ席10万円」を見たときには、さすがにこれは払えないと思った。スタジアム公演とは別のステージセット(PA、照明、スクリーン、それらをコントロールするソフトウェアなど)を準備する必要があり、しかも1回きりなのでコストがかさむのは分かるけれど、それはストーンズの時も同じ。

しかしなんでこんなに直前の発表なのだろう。しかも平日なのに15時という異例の開演時間。前者の理由は転売防止と思われるが、後者の理由が思いつかない。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

風に吹かれて (J1第12節 対大宮戦)

2014050600


 どれだけセットプレーをもらえたらヘディングに合わせられるの
 どれだけシュートを打ったならゴールが生まれるの
 どれだけ試合を重ねればホームで大宮に勝てるの
 その答えは風の中さ
 風が知ってるだけさ

(寒風吹きすさぶ味スタにて。忌野清志郎レスペクト)

 

......次だ次! でもホーム初勝利贈呈だけは勘弁な。


ここからは写真です。

続きを読む "風に吹かれて (J1第12節 対大宮戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

2014年東京国際U-14サッカー大会

2014050500

(5/7 段落が思いっきり抜けてたので追記しました)

今日はゴールデンウィーク恒例の、東京国際U-14サッカー大会に行ってきました。本当は11時半キックオフのFC東京深川U-15の試合から見るつもりだったのですが、実は今朝方の地震で起きてその後二度寝してしまい、見られたのは3位決定戦と決勝のみ。

駒沢陸上競技場の正面は、同時開催の肉フェスの客でとんでもない混雑具合。なんだか食券買うまで2時間待ちで、買ってもまた屋台前で行列という.......さすがに東京蝗の人はあんまりいなかったんじゃないかな。

 

さて、試合です。3位決定戦はパスをつないで崩そうとするチェルタノボと、高い位置でプレッシャーをかけてショートカウンターを狙うカイロとの対比がおもしろかったです。カイロのGKがファイン・セーブ連発で大いに盛り上がりました。カイロは終盤に退場者を出してしまいながらもPK戦に持ち込みます。でさ、みんなPK上手いんだわ、これが。ちゃんと隅に蹴るのよ。9人目までもつれ込みましたが、結局8-7でチェルタノボが勝ちました。


決勝は、ボカ・ジュニオールス対パルメイラス。

完全に余談です。私の右隣に70歳くらいの老夫婦が座ってました。お二人ともサッカーに詳しいのは聞こえてくる声で分かったのですが、おばあちゃんの方がパルメイラスのことをずーっと
「パルメライス」と言ってたのがツボにはまっちゃって大変でした。

閑話休題。アルゼンチンとブラジルの名門同士の意地がぶつかるだけでなく、実際に体もバチバチとぶつかり合う非常に激しい試合。ある意味荒れた試合とも言え、結構な数のイエローが出ました。しかしこいつら審判の見てないところで相手踏んだり肘打ちかましたり、上手いこと時間稼ぎしたり、審判に平気で突っかかったり大人顔負けのプレーするんだよね。日本人の感覚だとあまりほめられたもんじゃないですけど、こういう世界もあるってことは認識しなきゃなんないと思います。それに、彼らの勝ちへの執着も大人顔負けであることはたいしたものです。

 

ここからは写真です。

続きを読む "2014年東京国際U-14サッカー大会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

憲法記念日

憲法を記念する日に政府は何も行わないし、談話の発信もない。国会両院議長も最高裁判所も何も発信しない。

改正だどうだという議論の前に、憲法そのものの学習が全然足りてないと思う。


↓その他のFC東京ブログはこちら。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »