« の・ようなもの | トップページ | グループリーグ敗退 »

2014年6月24日 (火)

日本対コロンビア戦を前に

ギリシャ戦はリアルタイムでは見られず、出勤途中に携帯で結果のみ確認。まあほんとはいけないんだけど、昼休みに会社のPCで各種レビューやスポーツ新聞の記事にざっと目を通して、映像はその夜にじっくり見ました。その感想は、


「日本、そんなに悪くないじゃん」


記事には「ザックがぶれた」「腰の引けた戦い」「今大会ここまでで最低の試合」「試合終了時には日本代表にブーイングが飛んだ」など悪評が並んでいたので「そんなに悲惨な内容だったのかよ...」と心配して見たのですが、いやいや、冷静に見てそんなに悪かったですかね。

悪く言ってる人は、結果から逆算して批判してるだけなんじゃじゃないですか。それともギリシャを舐めてたんですか? 勝ち点1取って、第3節に可能性を残したことは評価しないんですか? ブーイングは、試合中からギリシャに飛んでたように見えましたが私の勘違いでしょうか? パワープレーに関してはぶれてるとは思いません。勝つためにできることをやったと思います。あそこで吉田を上げていなければ「自分達のスタイルを捨ててでも、なりふり構わず点を取りに行くべきだった」と批判が噴出してたでしょうし、あれだけ中を固められた状況では、齋藤や柿谷にできることはなかったでしょう。

確かに崩す工夫としつこさは足りなかったと思います。しかしヨーロッパ予選を1位通過した国が、いくら一人少ないからといって、日本相手に引いて守る戦いを選択したのですよ。しかもそれは11人対11人のときから同じでした。そこに通用したポジティヴな面と、崩しきれなかったことの課題とを両方公平に見ないと。

 

次の相手のコロンビアは簡単に勝てる相手ではありません。つうか、確率で言ったら負けるに決まっています。しかもテレビで見る限り、クイアバのピッチは少し凸凹があり芝も長めのようで、日本が苦手としそうなタイプです。しかし殴り合いの試合になったら勝機は十分あると思いますし、直前に行われるD組の結果によっては、コロンビアが1位抜けを狙わない可能性も出てきます。選手個々の調子も、90分間できない長谷部を除いては特に悪くないと思います(個人的には、長谷部が完調でないのが苦戦の主因だと思っています)。

日本代表は、勝つのに必要な技術はすでに備えていると思います。適切なタイミングでその技術を使う冷静な頭脳と、集中力を保ってぜひとも勝利を手にしてほしいです。

そして、たとえ大勝しても、もう一方の試合結果によってはグループ・リーグ敗退です。こんな状況を味わえるなんて素敵じゃないですか。現地に行ってる人がうらやましい。こんなの降格危機に比べりゃ楽ちんです。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« の・ようなもの | トップページ | グループリーグ敗退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/59869766

この記事へのトラックバック一覧です: 日本対コロンビア戦を前に:

« の・ようなもの | トップページ | グループリーグ敗退 »