« 決勝戦はドイツ対アルゼンチン | トップページ | ワールドカップ振り返り »

2014年7月13日 (日)

危なげなく勝ち (天皇杯2回戦 対ブラウブリッツ秋田戦)

2014071300

東京は、カップ戦とはいえ現状のベストメンバーで先発。GKは塩田ではなく権田。変化といえば椋原がベンチに入ったことぐらいでした。日程的にリーグ再開前のプレシーズンマッチみたいな位置づけだったので、これは理解できます。布陣は4-3-1-2。

一方のブラウブリッツ秋田。メンバー発表で5人DFを入れてるのを見たときには、5バックでがっちり固められてやられた昨年一昨年の横河武蔵野との試合を連想しましたが、試合が始まってみると秋田の布陣は4-1-4-1。勝負にこだわって引いて守りきるのではなく、パスでつなぐサッカーがJ1にどこまで通用するかを測っているかのような戦術でした。経験豊富な熊林は視野が広いですね。さすがでした。 

おかげでスペースが生まれ、これだと東京はやりやすい。特に手こずることなく定期的に得点を重ね、気がついてみたら8-0で勝っていた、という試合でした。太田のFKからの今季初の直接ゴールに、千真の今季公式戦初ゴール、平山と千真を投入後は完全に4-4-2にして、2列目は最初羽生さんが左で右がタマでしたが、終盤には左右を入れ替わるなど、それなりに収穫があったのは良かったと思います。

ちょっと不満だったのは秀人かなあ。アンカーポジションの彼からは効果的な攻撃のパスが出ることが少なく、バランス重視の安全パスが多かった気がします。あっという間に大量リードの試合になったし、0点に抑えきるのも大事ですが、強気の縦パスを少しは実験しても良かったのでは? きっと消極的に見えたのでしょう、彼のプレーには少しだけブーイングが飛んでいました。

次は松本山雅ですか。なんか反町監督にはめられそうでいやだなあ......。



[追記]

当初、なまはげドロンパが座ってる台で、猪木ボンバイエが流れていた理由がよく分かりませんでした。天皇杯のテーマ「日本サッカーの歌」とサビがそっくりなのでそのせいかなと思っていたのですが、皆さんのブログを読むと、どうやら春一番氏追悼が理由だったみたいですね。そういえば2001年シーズンは開幕節に国立の鹿島対名古屋戦で本物の猪木を見て、その次節の国立、東京対福岡戦で春一番氏が来てるのを見て腹を抱えて笑ったんだよなあ。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 決勝戦はドイツ対アルゼンチン | トップページ | ワールドカップ振り返り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/59979888

この記事へのトラックバック一覧です: 危なげなく勝ち (天皇杯2回戦 対ブラウブリッツ秋田戦):

« 決勝戦はドイツ対アルゼンチン | トップページ | ワールドカップ振り返り »