« セルジオさん、もしかして口先野郎とは貴方のことでは | トップページ | 8月15日 »

2014年8月12日 (火)

鳥栖の監督交代

今日発売のエルゴラッソには他紙と違う取材結果が載るかなと思って期待していたのだが、現社長とユン元監督との不協和音の可能性が示唆されているのみで、やはり真相は闇の中みたいだ。

来年の契約がないのはともかく、この時期に交代させる理由がさっぱり分からないね。やはり韓国代表関係(KFA)のオファーがあったんじゃないかな。鳥栖の強化部長は「韓国を含め正式オファーはない」と言ってたが、非公式オファーがないとは言ってないし(そんなの言う必要ないし)。私の妄想ではこんな感じ。

 

KFAのA代表監督交渉は、ユン氏をスタッフに加えることを条件に進めている。

→ ファン・マルワイク氏が有力候補らしいが、まだまだ溝があり内定とは言えない状況。

→ よってKFAは鳥栖に、打診はしてるが正式にオファーできる状況にない。

→ でもKFA的には、遅くとも8月末までにはユン氏を確保してないといけない。

→ なので鳥栖は「双方合意のもと契約解除」という形にして、KFAに貸しを作る。

→ 今後ユン氏がKFAスタッフに参加しても、それは「フリーとなったユン氏にオファーした」という体裁を取る。

 

こうでも考えないと、鳥栖のファンはやりきれないんじゃないの。

秋にシーズンが開幕する、中東クラブからの高額オファーの線も0.01%くらいあるかな。でも個人的にかつ野次馬的に一番ツボにはまった妄想は

 

大宮による引き抜き

 

です。




↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« セルジオさん、もしかして口先野郎とは貴方のことでは | トップページ | 8月15日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/60138608

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥栖の監督交代:

« セルジオさん、もしかして口先野郎とは貴方のことでは | トップページ | 8月15日 »