« 2週連続ガス爆発 (J1第18節 対清水戦) | トップページ | セルジオさん、もしかして口先野郎とは貴方のことでは »

2014年8月 4日 (月)

ゴジラ

新宿で映画見てきました。

冒頭の原発事故とハワイでの津波の場面は、見るのがちょっとつらかったけど、娯楽作品としては上出来だったと思います。しかし日本人としては、核、戦争、それらを生んだ人類のエゴといったことへの考察は薄かったところは、やはり気になりました。それらしいのは渡辺謙演ずる芹沢博士が「広島原爆で止まったままの懐中時計」を見せる場面くらいでしょうか。あとハリウッド作品でありがちな、「核爆発が近くで起きてるのにあんたら無防備すぎる」のが今回も発生。

 

以下ネタバレありのツッコミなのでご注意を。





最初に被災するのは、富士山裾野に広がる「ジャンジラ市」という大都会にある原発なのですが、「なんでそんな町中に原発があるんだよ。だいたいその市名のセンス何とかしろよ...」と嘆いてたら、そこを管轄する警察署が新宿大ガードの近くだったのには思わずビール噴きそうになりました。しかもその警察署、どう見ても歌舞伎町の新宿区役所みたいな風情でしたし。「シンジュク」をもじって「ジャンジラ」なのか?

主人公格の科学者が、原発事故で被災した自宅からデータの入った磁気ディスクを15年ぶりに無事回収します。で、その媒体は...なんとZIPドライブ。ZIPだと分かった人何人いたかなー。はい、私はユーザーでした。まあ被災は1999年の設定だからおかしくないか。でもメディアだけじゃなくてドライブも持って帰らんと読めんのとちゃうかー。だいたい高濃度の放射線残留地区(と、表向きはそうなっている)で磁気データが無事と思うのもおかしいのだが...。

米軍は怪獣MUTOをおびき寄せるための核弾頭を列車で輸送しますが、MUTOにより甚大な被害が出てるさなかになんで鉄道?レールやトンネル、鉄道橋が破壊されることを想定してないの?あれは不自然だった。

MUTOの電磁パルスで電子機器が使えないの分かっているに、なんで米軍は最新の戦闘機飛ばすの?おかげで次々墜落しちゃって市民が二次被害被ってるし。



そして終演後に多くのゴジラファンが抱いたであろう感想。

「あのMUTOが最後の一匹とは思えない......。」

2014080400

いや、そのムトー君じゃないから!



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 2週連続ガス爆発 (J1第18節 対清水戦) | トップページ | セルジオさん、もしかして口先野郎とは貴方のことでは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴジラ:

« 2週連続ガス爆発 (J1第18節 対清水戦) | トップページ | セルジオさん、もしかして口先野郎とは貴方のことでは »