« 3秒ルール | トップページ | 「クイーン/ライヴ・アット・ザ・レインボー '74」到着 »

2014年9月 8日 (月)

大前もわしが育てた (天皇杯4回戦 対清水戦)

20140908

敗れはしたものの、大変におもしろい試合でした。

清水は8月にやった時とは全く別のチームでした。プレスはちゃんと連動してるし、前線の二枚(大前と高木長男)はスペースをうまく使って個人能力の高さを活かしてくるし、両サイドバックはがんがん仕掛けてくるしで、選手達は自信を取り戻している様子でした。たった1ヶ月でここまで立て直すとは、大榎監督たいしたものだ。しかし石毛くん、日系ブラジル人みたいな顔だったね。

一方の東京はカニーニが初先発。むっくんもナビスコ第2節以来の先発で、スタンドの期待は膨らみますが...二人とも「うーん」な内容。カニーニについては連携はともかく、せめて1対1では相手を圧倒してほしかったけど、そんな印象は全く残らずじまい。Jのスピードについて行けてない感じでした。慣れてくれればいいんだけどね。むっくんは気合いが入ってるのは伝わったけれど、チャンスメーク出来ないという点で太田との差が歴然と。やっぱり左で使うのは難しいかな。

とはいえ試合全般では両チームとも球際に厳しく、気温が下がったせいもあって足も止まらない、見所の多い試合だったと思います。それは河野のアイディア、大前のスーパーミドル、そして梶山の復活!

梶山がまさに「ピルロのポジション」に入ると途端にボールが回り始め、河野とのナイス連携で同点ゴールを作り出しました。いやあここは鳥肌だったわ。ここで皆ちょっとイケイケになってしまい、すぐ失点したのは猛反省ですけど。梶山は体力の戻りを考えると今季はスーパーサブと思いますが、重要なオプションであ ることを証明したと思います。

さてこれでリーグ戦だけになってしまいました。今のチームの力(質と量ともに)を考慮すると、別におかしくはない結果と思ってます。むしろここから順位がすぐ上の神戸、川崎と当たりますが、この2試合がものすごく大事。浦和と鹿島に負けなかったのは偶然か実力か。選手達にはその実力があることを示してほしいです。

最後に余談。清水との試合ではゴール裏の演奏がとても楽しそうで好きなんだけど、このチャント「論語、論語、論語、論語」って聞こえるんだけど、本当はなんて言ってるんだろう。




↓その他のFC東京ブログはこちら。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 3秒ルール | トップページ | 「クイーン/ライヴ・アット・ザ・レインボー '74」到着 »

コメント

はじめまして。関西在住のエスパサポです。

天皇杯はどちらも厳しいチーム状況でしたが、見ごたえのある試合だったと思います。
FC東京サポの気持ちも引き継いで、準々決勝以降の天皇杯に臨みたいと思います。

チャントは「ロコロコ」です。
ホームでの勝ち試合は、試合後に選手も一緒にやります。

こちらをどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=SS7oIFc0UUA

投稿: エスパ | 2014年9月11日 (木) 09時44分

エスパさん、コメントありがとうございます。

なるほどこれが「勝ちロコ」ですか! たしかに近くの録音だと「論語」じゃなくて、ちゃんと「ロコ」と聞こえますね。

投稿: thisiskwbr | 2014年9月21日 (日) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/60281159

この記事へのトラックバック一覧です: 大前もわしが育てた (天皇杯4回戦 対清水戦):

« 3秒ルール | トップページ | 「クイーン/ライヴ・アット・ザ・レインボー '74」到着 »