« 「クイーン/ライヴ・アット・ザ・レインボー '74」到着 | トップページ | U2の新譜全曲が、期間限定で無料ダウンロード可能に! »

2014年9月10日 (水)

代表戦

武藤くんがゴールしちゃって、こりゃマスコミのスターシステム大々発動ですわ。


さて2試合通じての感想。まず、まともな代表を派遣してくれたウルグアイとベネズエラの協会に感謝したいと思います。ユーロと違ってコパ・アメリカには予選がないわけで、この時期に代表がまじめに試合する動機はないと思うんですよ。

日本代表ですが、ベネズエラ戦の前半まで見たところで「選手達は何か基本的な勘違いをしているのかもしれない」と思いました。2戦通じて、変にフィジカルで勝負しようとしている。で、負けている。ベネズエラにも「こいつらにフィジカルならば勝てる」と見切られちゃってたもん。このあともこの調子なら、欧州南米相手はもちろん、アジアでだって勝てないと思います。

監督は「守備でも攻撃でも1対1で負けるな。闘う姿勢を見せろ」くらいのことは言ってるでしょうが、それは「1対1の勝負に持ち込め」というのとイコールじゃないでしょ。数的優位が作れれば、それが一番いいに決まってる。

まあ連係が出来てないから、どうしても1対1になってしまうのかもね......。

あと南米相手の試合だと顕著になるのが、守備を通じて分かる意識の差。彼らは「要は点を取られなきゃいいんでしょ?」というのが共通認識ですが、日本は「俺たちはサッカー道を極めなければならない」が基本にある感じ。今に始まったことじゃないし、どっちが正しいってもんでもないけど。




↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 「クイーン/ライヴ・アット・ザ・レインボー '74」到着 | トップページ | U2の新譜全曲が、期間限定で無料ダウンロード可能に! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/60292793

この記事へのトラックバック一覧です: 代表戦:

« 「クイーン/ライヴ・アット・ザ・レインボー '74」到着 | トップページ | U2の新譜全曲が、期間限定で無料ダウンロード可能に! »