« 「俺たち、J2の番犬が似合ってるのかなあ」 (J1昇格プレーオフ 千葉対山形) | トップページ | 悪意を持ったメディア »

2014年12月 9日 (火)

J1最終節、新潟対柏戦の代替地開催に思うこと

【2014Jリーグディビジョン1】第34節 アルビレックス新潟 vs 柏レイソル 代替開催日決定のお知らせ【補足:代替地決定までの経緯】 (Jリーグ公式)


今回の事態は、夏春制(7月か8月開幕しかあり得ないので、秋春制とはもう言わない)移行の理由にされちゃう悪い予感がする。


「最終節だったからいろんな手配が超大変だったわけで、これがシーズン半ばならもっと余裕を持って代替試合を設定できて、その方がファンにもメリットあるだろ?」

みたいな。



ついでに書くと、J3の創設も夏春制に向けた布石だと思う。

JFL以下は社会人リーグであり、春秋制以外絶対に無理。J2とJFL間での昇降格があり得る状況で、J2が夏春制になってしまうと、お互いどうやっても次シーズンのリーグ編成が出来なかった。

しかしJ3はJFLと形のうえでは同格とされJ3からの降格は当面無し、JFLからの一方通行になったので、編成が可能になってしまった。もちろんそれでも、11月末にJ3参入が決まったクラブが次のシーズン開始までどうやって収入を確保するのだとか、半年以上も公式戦がないと選手に悪影響が出るとか、問題はありまくりだが。

前にも書いたが、試合を行う日は今のままでシーズンの切れ目を変えるだけの夏春制なら実施は可能だと思う。あくまでも、可能か不可能かの単純二択であればの話だが。

しかし夏春制は日本人の季節感に合わないし、サッカーが日本の文化や生活になじめないままで終わる可能性を高めるだけと思っている。それは、裾野を広げてリーグを強化→代表の強化という、Jリーグ設立の目的と合わないと思う。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 「俺たち、J2の番犬が似合ってるのかなあ」 (J1昇格プレーオフ 千葉対山形) | トップページ | 悪意を持ったメディア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/60784587

この記事へのトラックバック一覧です: J1最終節、新潟対柏戦の代替地開催に思うこと:

« 「俺たち、J2の番犬が似合ってるのかなあ」 (J1昇格プレーオフ 千葉対山形) | トップページ | 悪意を持ったメディア »