« 戦術フォルラン(J2第1節 ヴェルディ対セレッソ) | トップページ | そんなの意味あるのか »

2015年3月19日 (木)

絵になる男だね、ナオは (ナビスコ第1節 対新潟戦)

20150319

試合の流れを変えた同点ゴールは、まるで2009年アウェイ神戸戦のゴールのようだった。

この試合の東京の攻撃はサイドからの普通のクロスや、前線の足下につけるパスばかりで、ゴール前での仕掛け、たとえばワンツーや意表を突くパス等なんだが、それらが見られなかった。林がなかなかボールを収められず時間が作れなかったのもあるだろうが、使う側の東も使われる側の武藤も、存在感が薄かった。

ならばと、個人技で打開して見せたのがナオ。チームに欠けているものをしっかり読み取って、プレーで表現してくれた。そこがとても嬉しかった。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 戦術フォルラン(J2第1節 ヴェルディ対セレッソ) | トップページ | そんなの意味あるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/61306138

この記事へのトラックバック一覧です: 絵になる男だね、ナオは (ナビスコ第1節 対新潟戦):

« 戦術フォルラン(J2第1節 ヴェルディ対セレッソ) | トップページ | そんなの意味あるのか »