« ポール・マッカートニー東京公演1日目、3日目 | トップページ | "Straight Shooter" バッド・カンパニー »

2015年5月 3日 (日)

実にイタリアンな勝利! (J1前期第9節 対川崎戦)

2015050301

2月からアホみたいに仕事が忙しくなって、ナビスコは一度来ているものの、リーグ観戦は今年初めて(妻も初めて)。いつもはハーフライン付近で見るのですが、この日は予想以上の客が来たせいもあり、こんな隅っこで観戦する羽目に。キックオフ前には「ディフェンスラインを後ろから見るなんて新鮮だわー」と冗談かまして、席に関する失望を紛らわしていたのですが....

ところが前半は川崎に一方的に押し込まれ、逆に後半は東京が押し込む展開となり、90分間ほぼすべて目の前で試合が行われ、大変お得な試合でした(笑)。もっとも、妻は河野目当てに来てたので、前半での交代にはけっこうがっかりしてましたが。


前半は、正直言って目も当てられない展開。事前には「川崎の矛と東京の盾対決」なんて報道を見かけましたが、むしろ川崎の守備技術の高さが目立ちました。東京がボールをもっても、複数人で囲い込むのが徹底されていましたし、東京の選手の技術が下手なところ(トラップが大きくなるところや、長年課題が解決してないスローインの受け)を狙ってしっかり体を当て、ボールを奪ってました。

で、前半の東京で一番腹立たしかったのはセットプレー時の守備。全部で3回似たような位置でのセットプレーがあり、どれもファーの選手にフリーでシュートを打たれる失態を繰り返したことが不満でした。1回目は大久保にやられ(でも、井川の動きはオフサイドじゃないの?)、2回目も失点して全然おかしくないものでした。3回目は権田が読んでいて事なきを得たけど、エリア内でフリーでシュートを打たれること自体が相当危険なことでしょ。

とまあそんなわけで「勝てた試合は下位の甲府、湘南、新潟、山形に、まだチームが出来てなかった神戸が相手。ガンバ、マリノス、広島には勝ってないし、やっぱ実力はこんなものかな......」と思っていたのですが、後半は見違える展開に。早めの東と前田の投入が大当たりでした。東君は相変わらず「持ってない」ものの、ゴール前に詰める迫力が増してますし、前田の競り合いでの体の使い方や前線でのチェイシングは見事でした。ちゃんと機能した前田を見たのは今季初めてだったように思います。あと、現地では興奮してて見えてなかったけれど、録画を見て、梶山からなにげによいパスが出ていたことに気づきました。

また、後半から川崎の選手の足が止まった(複数人で奪いに来る場面が激減した)のも意外でした。ボールを支配すれば体力を温存できるはずなのですが、これはなぜなのでしょう。この足の止まり具合が車屋の退場や、決勝点の場面で東の動きにつられて武藤をフリーにしてしまったことを導いたと言えるでしょう。一方で、東京の選手の足は止まりませんでした。東京は中盤が追い越さないサッカーですが、その分太田と徳永がオーバーラップを繰り返してましたし、武藤のボールへの執着心はすばらしかったです。彼が奪ったファウルが、2点をもぎ取ることにつながったのですから。

2015050302


相変わらず流れの中からチャンスを決めきれないなど、内容についての不満は山ほどあります。でも結果は出しました。選手の質は高いのに勝負弱い、「いいときゃ最高、悪けりゃ最悪」というのが東京の特徴でしたが、今回のような試合を繰り返して行くことで、選手のメンタリティが変わっていくことを期待します。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« ポール・マッカートニー東京公演1日目、3日目 | トップページ | "Straight Shooter" バッド・カンパニー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/61531834

この記事へのトラックバック一覧です: 実にイタリアンな勝利! (J1前期第9節 対川崎戦):

« ポール・マッカートニー東京公演1日目、3日目 | トップページ | "Straight Shooter" バッド・カンパニー »