« 音楽ストリーミング・サービス | トップページ | フランクフルトと親善試合 »

2015年6月28日 (日)

影のMVPは羽生さん (J1前期第17節 対清水戦)

2015062801

清水戦って、いつも大前にやられてる感じがある。確か、彼のプロ初ゴールも東京戦だった。でも去年のホーム戦ではボロ勝ちのはずなのに...と思って試合前に調べてみたら、味スタでやったナビスコと天皇杯、いずれも大前にゴールを許していて、しかも東京が負けている。

...てなことを思い出してたら、後半6分にウタカの突破から、またも大前のゴールで追いつかれた! そもそも前半の終わりくらいから、清水のウタカは吉本との力関係を把握していたようだった。要は「俺はこいつ(吉本)になら、絶対勝てる!」と。ウタカは森重のサイドには絶対に行かず、東京の右サイドで自由を謳歌していた。

このときの東京の右中盤はタマ。「タマよ...サイドに張るばかりで、ボールもらっても前向けずにバックパスばかりだし、守備時の戻りも遅いし、これじゃ真っ先に交代だぞ」と思ってたら、案の定失点後すぐに交代。ナオで突破を図るのかと思ったが、出てきたのは羽生さん。この交代で、東京は流れを取り戻すことが出来た。

羽生さんはタマよりはやや後ろ目で、中に絞ったポジショニング。これが実に絶妙で、清水から右サイドの主導権を奪い返すことが出来た。つまり東京の中盤が、あたかも人が増えたようになって攻撃が円滑になり、守備時にも後ろから挟み込む形が出来るようになったわけだ。結果として東京がボールを持つ時間が増え、前田の2得点につながった。とにかく、羽生さんがいたのがバックスタンドの自分の目の前だったわけで、ホントに大興奮でしたよ。

試合は、フィッカデンティが武藤のゴールに拘りすぎたあまりに終盤ややこしくなってしまったが(交代は前田じゃなくて武藤にすべきだったと思う)、何とか逃げ切って勝利。勝ち点35の2位という、素晴らしい結果で折り返すことが出来た。もし仮に、浦和戦に勝っていれば勝ち点で並んでいたわけだ。そこまで来たのか、東京は。

もちろん、攻守両面で浦和と相当差があることは認めなければならないし、同じくACL圏内の広島、ガンバに勝ててないのも現実だ。しかし、年間勝ち点1位が現実的な目標になっているという点で、今季ここまでの東京は十分に評価したいと思う。そして、後半の鍵を握るのは平山の復活がなるかだと考えている。

2015062802

ところで上の写真は、壮行セレモニーでのヨッチ出待ちのドロちゃん。すっげー可愛かったけど、ヨッチの支度が遅れた訳じゃなかったのね(ヨッチ、座って待ってる)。Jリーグタイムの放送時間に合わせてたみたいね。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 音楽ストリーミング・サービス | トップページ | フランクフルトと親善試合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/61809176

この記事へのトラックバック一覧です: 影のMVPは羽生さん (J1前期第17節 対清水戦):

« 音楽ストリーミング・サービス | トップページ | フランクフルトと親善試合 »