« 新国立建設計画、白紙に戻る | トップページ | ベガッ太さん、こける (J1後期第5節 対仙台戦) »

2015年7月19日 (日)

アディショナルタイム合計12分(J1後期第3節 対山形戦)

20150719

直接見た試合では、久々のクソ審判でした。前節はテレビだったんですが、2節続けてこれって、どういうことよ。

梶山が負傷したプレーは一発レッドものだったのに、山形の選手にイエローすら出さない。山形の選手のアフターチャージは見逃し、その後のプレーで東京のファウルを取る。山岸の執拗な時間稼ぎ(これ自体を非難するつもりはない)に注意をしない。主審と目があったからフィールドに入ろうとした秀人にイエローを出す。このときは東京のスタッフが激高し審判に詰め寄ったり、山形の選手(たぶん宮阪)が「なんでイエローなの?」と審判に尋ねているような場面さえ見られた。

アディショナルタイムは前半5分、後半7分の長さ。たしかに怪我の治療はあったけど、普通はそんなに取らない。杓子定規に時計を止めてたんだろうね。選手とコミュニケーション取ってなかったし。今年は、Jリーグ審判の質の低下がなんか目立つんだけど、本当に気のせいかなあ。

とはいえ、東京の出来もあまりよくなかった。前半は守備がまったくはまらず、山形の前線を自由にさせてしまったのは、東の欠場の影響だろう。ナオをトップ下に置いて4-3-1-2に変えた後半の頭はよかったけれど、だんだんとペースダウン。サンダサは可能性を感じさせたけれど、チームとして相手を崩しきることはなかった。

東、梶山、太田、秀人は次の鹿島戦に間に合うのか。ターンオーバーをしない監督だけに、レギュラーと控えメンバーとの落差が気になるところだ。野澤、橋本、草民、河野の出番はあるか?



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 新国立建設計画、白紙に戻る | トップページ | ベガッ太さん、こける (J1後期第5節 対仙台戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/61916883

この記事へのトラックバック一覧です: アディショナルタイム合計12分(J1後期第3節 対山形戦):

« 新国立建設計画、白紙に戻る | トップページ | ベガッ太さん、こける (J1後期第5節 対仙台戦) »