« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月28日 (土)

アデルの新譜「25」、廃盤だと.......?

11月1日にHMVでアデルの新譜、「25」の輸入盤CDをポチしたものの、リリース日から1週間経っても届かず「いったいどうしたのかなー」と思ってたら、昨日驚きのメールが来てた。

2015112801


廃盤....?

HMVでまだ売ってるのに?? 1週間前が発売日なのに???

私が注文したのはアメリカ盤。販売中なのはその他の国向けのインターナショナル盤なので、「いくらフィジカル・リリースの需要が減っているとはいえ、アメリカさん見切るの早すぎだろ...」と、半ばあきれてしまった。ところがメールボックスをよく見ると、もう一通HMVからメールが来てることが分かった。

2015112802

「海外輸出禁止商品のため、日本国内への輸入不可である」と。アメリカ国外ではインターナショナル盤を売れという販売契約のためなのだろう。まあインターナショナル盤のCDを入手できるからいいけど、それくらいのことは前もって調べておいてほしかったな、HMVさん。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月23日 (月)

フィッカデンティは続投させるべき (J1後期最終節 対鳥栖戦)

2015112301

両チームとも激しくぶつかりあう、とても見応えのある試合だったが、結果は0-0のゴールレスドロー。勝ち点でガンバに並ぶも得失点差で4位。今季のリーグ優勝の可能性は去っていった。

これが今の実力。これが現時点での限界。それを象徴する試合だった。不運な失点はなく、不可解な誤審もなく、ただ単に相手を崩せなかったことがすべて。だからこそ自分の力不足を痛感した宏介はピッチにうずくまり、試合後の挨拶でのモリーゲ(by マッシモ)は言葉に詰まったのだろう。悔しさをぶつける相手は自分しかいないのだから。

だからといって、これが監督の限界とは私は思わない。昨年よりボールを奪う位置は前になっていると思うし、総得点、得失点差は去年より減っているにもかかわらず勝ち点、順位を大幅に上げたのは、何より勝負強くなり、悪くても勝ち点を取れるようになった証明だろう。

いま東京に必要なのは大型補強、まさにそのタイミングだと思う。守備という基礎はしっかりできた。であれば、ガンバや浦和が初のリーグ制覇を成し遂げたときに行ったアラウージョ、ポンテ、ワシントンなど現役セレソン級の補強、それくらいのことをしない限り結果は得られないだろう。もっとも、必要なのは最前線ではなくてベロンやピルロ、シャビ・アロンソのような特長を持った選手だと思うが。

続きを読む "フィッカデンティは続投させるべき (J1後期最終節 対鳥栖戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月19日 (木)

11/18 エルトン・ジョン横浜公演

2015111901

今年で68歳のエルトン・ジョン。年も年だし、ついこの間のホール&オーツのように、本編70分でアンコール4曲くらいで合計90分くらいのコンサートかもね......と思っていたら、本編だけで2時間超、アンコールの「クロコダイル・ロック」まで入れると130分の大盤振る舞い。キーは下げてるとはいえ、声はしっかり出ているしピアノ演奏は相変わらずの迫力だしで、充実のライヴでした。

以前見たときはレイ・クーパーとの二人だけの演奏だったので、バックバンドのデイヴィー・ジョンストンとナイジェル・オルスンを生で見るのは今回が初めて。ナイジェル・オルスンはダークスーツに白いシャツ、スクエアなレジメンタル・ネクタイ、それに白い手袋という格好で、どう見ても会社員というか、「会社が本社ビルを新築することになり、その地鎮祭の進行を務める総務部長」にしか見えなくて笑ってしまった。

しかしエルトンのピアノ演奏って凄いよなあ。スタジオ版ではピアノ抜きのハードロック調の曲でも、ライヴではすべてピアノ入りのアレンジになっていて、実に格好いい。幼い頃ピアノを習ってた(小二でつまらなくなってやめた)者としては、「あのまま続けてればエルトンやフレディ・マーキュリーの10分の1くらいのパフォーマンスは出来たかも...」と思ってしまうな。


記事の一番上の写真はコンサートのプログラム。表紙はLPを模したデザインだが、近くで見るとこんな感じで......

2015111902

ちゃんと溝が掘られている。まるでソノシートみたいだ! ひょっとしたら本当に音が入ってるのかもと思ったが、溝は同心円状になってました(笑)。

セットリストはこちら。来年早々にWOWOWで再放送もあるそうです。




↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月13日 (金)

「ライヴ・アット・ザ・トーキョー・ドーム」ローリング・ストーンズ

1990年、ストーンズ初の来日公演を収めたこの「ライヴ・アット・ザ・トーキョー・ドーム」、実は同梱のCDが左右チャンネル逆で収録されているという代物だった。だって1曲目"Start Me Up"のリフが左から鳴り出すんだもんなー(爆笑)。発売直後に販売元からアナウンスがあり、CDは無償交換するとのことだった。早い対応は評価したい。まあ、そんなわけで、販売元からの代替CDが今日届けられた。

欠陥品のCDは同封の返送用封筒で返却してくださいとのことなので、その封筒の「宛」を二重線で消して「御中」と書こうとしたのだが、なんか書きにくいんだよなあ.........

20151112

んんんんんんんっ ?????

この封筒、裏返しじゃん!!!!!


これじゃあふたを閉めたら郵便番号や受取人払いの印が隠れちゃうじゃん。手紙を出したことがない今どきの人がこの封筒を作ったのか、それともこれは体を張ったギャグなのか.........

↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月10日 (火)

幻の2点目 (J1後期第16節 対柏戦)

J Sportsにてテレビ観戦。今年は仕事が忙しくて、アウェイの試合をテレビで見るのさえ、この日が今年初めて。アディショナルタイムにひやっとする場面があったけど、調子の上がらない柏を1-0で押し切った。今年の秀人は気迫のあふれるプレーをするようになったねえ。

この記事のタイトルは、もちろん後半のあれ。76分に秀人が入れたクロスを東が押し込んだように見えたのだが、オフサイドの判定。私もスローリプレイで見て初めて分かったのだが、実際は柏の選手がクリアし損なっていたので、たとえ東がオフサイドポジションにいたとしても、今のルール解釈ではオフサイドにはならない。つまり「誤審」だったというわけだ。

とは言っても、テレビで見ていた私にも分からなかったくらいなので、現地の主審副審に見えてなかったとしてもしょうがないと思う(扇谷だし...)。東京ゴール裏からすると、目の前での出来事だったので納得しづらいだろうけど。

ただし個人的には、たとえ見えてたとしてもオフサイドにすべきだと思っている。つまり、私は今のルール解釈に納得していないのだ。何故かというと、現行の解釈はスポーツマンシップに合致してないと考えているからだ。

続きを読む "幻の2点目 (J1後期第16節 対柏戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »