« 11/18 エルトン・ジョン横浜公演 | トップページ | アデルの新譜「25」、廃盤だと.......? »

2015年11月23日 (月)

フィッカデンティは続投させるべき (J1後期最終節 対鳥栖戦)

2015112301

両チームとも激しくぶつかりあう、とても見応えのある試合だったが、結果は0-0のゴールレスドロー。勝ち点でガンバに並ぶも得失点差で4位。今季のリーグ優勝の可能性は去っていった。

これが今の実力。これが現時点での限界。それを象徴する試合だった。不運な失点はなく、不可解な誤審もなく、ただ単に相手を崩せなかったことがすべて。だからこそ自分の力不足を痛感した宏介はピッチにうずくまり、試合後の挨拶でのモリーゲ(by マッシモ)は言葉に詰まったのだろう。悔しさをぶつける相手は自分しかいないのだから。

だからといって、これが監督の限界とは私は思わない。昨年よりボールを奪う位置は前になっていると思うし、総得点、得失点差は去年より減っているにもかかわらず勝ち点、順位を大幅に上げたのは、何より勝負強くなり、悪くても勝ち点を取れるようになった証明だろう。

いま東京に必要なのは大型補強、まさにそのタイミングだと思う。守備という基礎はしっかりできた。であれば、ガンバや浦和が初のリーグ制覇を成し遂げたときに行ったアラウージョ、ポンテ、ワシントンなど現役セレソン級の補強、それくらいのことをしない限り結果は得られないだろう。もっとも、必要なのは最前線ではなくてベロンやピルロ、シャビ・アロンソのような特長を持った選手だと思うが。

2015112302

スポーツ各紙の報道を見ると、東京はフィッカデンティとの契約を更新せず、今季限りで退任のようだ。昨日配られたトーチューの号外や試合後挨拶での監督の発言を見ると、「私は求められていた結果は出した。なのにクラブはそれを評価しない」と監督は主張しているように見える。

来季の年俸で監督が法外な要求をしているのなら仕方ない面もあるが、東京のフロントは結果がほしかったから彼を呼んだんだろ? 継続しない理由に試合内容や選手起用の点でフロントと不一致がある、あるいはファンが内容に満足していない(のは事実だと思う。私だって内容は相当改善しないといけないと思ってる)ことを上げているのであれば、それは大変おかしい。評価基準がぶれている。結果で評価するのがプロの仕事のはずだ。

もしも城福さんが後任監督になれば、それはそれでよいチームを作ってくれるとは思うが、そもそもオファーを受けてくれるのか? ぶれまくっているように見えるFC東京のフロント相手に仕事をしたいと思うだろうか。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 11/18 エルトン・ジョン横浜公演 | トップページ | アデルの新譜「25」、廃盤だと.......? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/62737048

この記事へのトラックバック一覧です: フィッカデンティは続投させるべき (J1後期最終節 対鳥栖戦):

« 11/18 エルトン・ジョン横浜公演 | トップページ | アデルの新譜「25」、廃盤だと.......? »