« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月23日 (土)

Eye will live 4 U.

プリンスは、ついて行くのが大変なミュージシャンだ。

とにかく新作リリースが多い。最低、年に1枚は新作が出る。しかも、ワーナー・ブラザーズとの契約が切れた90年代後半以降、あらゆる手段を使ってリリースされるようになった。

たとえば、1997年リリースの"Crystal Ball"は最初、プリンス自身のサイトでの直販しか入手方法がなかったし、2007年の"Planet Earth"や、2010年の"20Ten"は雑誌や新聞の付録として配布され、日本では限られた輸入盤を手に入れるしかなかった。期間限定ダウンロードのみの音源も多く、あとから気がついて悔しがったこともしばしば。販売用のサイトも作っては消えの繰返し。でも恨みはない。「プリンスなら、またもっとすごいのを出してくれる」という信頼があったからだ。



プリンスは、ついて行くのが大変なミュージシャンだ。

とにかくスタイルがころころ変わる。セールス的に絶頂だった80年代中後期、"Purple Rain"から"Lovesexy"までの5枚(4年で5枚!)のアルバムはそれぞれが全然違う色を持った作品で、当時の私の耳には同じミュージシャンのものとはとても思えなかった。

ライヴだって気まぐれ感満載。初めて見た横浜スタジアム公演。ロック色は皆無で、完全にジャズとファンク。あのときギター弾いたの'Purple Rain'ともう1曲ぐらいじゃなかったっけ?

最強のバンドを引き連れて終始にこにこしながら演奏し、前日やらなかった'Starfish And Coffee'を突然歌い出したりしたくせに、アンコールに応えなかったラヴセクシー・ツアー東京ドーム2日目。あの日のライヴは、自分の中で最高のものの一つだ。



プリンスは、ついて行くのが大変なミュージシャンだ。

音楽を聴く経験を積んでいくと、好きなミュージシャンに、あるいはこの作品に影響を与えたものは何よ?といったところにも興味が湧いていき、それを掘り下げていくようになるものだが、それを最初に経験したのがプリンスだ。彼の場合、それが非常に広範囲でハードロック、サイケ、ファンク、フィリー・ソウル、ラップ、ジャズ、ブルース、ゴスペル、そしてジョニ・ミッチェルにオズの魔法使い...。おいおい、カバーしきれないよと思いつつも、自分にとって黒人音楽への扉を開いてくれた、いや中へ引き込んでくれたのは間違いなくプリンスだ。おかげでどれだけ素晴らしいものに出会えたことか。



彼が一貫して追求し続けていたのは「自由」。音楽スタイルの自由、職業=ミュージシャンとしての自由。アメリカ国民としての自由。人間としての自由。まずは自分がどうしたいか、どうありたいかを考え、それを実現するための環境作りと高度な妥協を模索する。その姿勢が一貫しているところが大好きだった。


そんなプリンスが、ちょっと遠いところに行ってしまった。今度ばかりは追っかけないよ。

eye will live 4 U.



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

続きを読む "Eye will live 4 U."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月19日 (火)

イケてる標語

先月、仕事で23区内を歩いていたときのこと。地下鉄東西線茅場町駅近くの、とあるビジネスホテルで外壁の(?)改修工事が行われていた。その光景。

2016041901


ん?

2016041902


「垂直、水平、美しく。」



.......すばらしい......(少し感涙)。

 

仕事現場の標語と言えば「安全第一」とか「二重確認」といったものだが、この標語には質の高いものを納めるという職人のプライドと、質のために無駄なく作業すれば安全が達成されるという知恵が込められている。

なーんて固い書き方してしまったが、素直にかっこいいよ、この標語。


↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月17日 (日)

理想の展開だったのに (J1前期第7節 対川崎戦)

今季スタジアム初観戦は悔しさのみ残る試合になってしまった。なんちゃってバルササッカーの川崎に堅守速攻で一泡吹かせたかったのに、東京だって似非アトレチコでしかなかったよ......。

カウンターとセットプレーから2点を奪うというのは計画通りというか、計画以上の成果だと思ったけれど、問題なのは2対2にされてからの試合運び。あのPKは事故のようなもので、さっさと切り替えなければいけないのに、東京は3点目を狙いに行くことしか考えてなかったように見えた。

でもさ、あんなにシュートの質が低い(枠内シュートはたったの3本)のに、気持ちだけ攻撃的になってどうするの? ほっといても攻めてくる川崎にボールを持たせておいて、裏のスペースを狙うというような戦術的発想は監督にも選手にもなかったように見えた。

戦術と言えば、かなり低い位置にいてフリーになっていた中村憲剛や、試合序盤に小川くんのサイドに開きっぱなしで「なぜかディフェンダーがいなかった」とまで言われちまった大久保への対策など、試合中の修正もイマイチだったね。以前、「今年は残留できればOK」と書いたけれども、そろそろ覚悟を始めないといけないかもだ。



↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年4月 5日 (火)

モリゲ、でかくなったなあ... (J1前期第5節 対名古屋戦)

スカパー!でテレビ観戦。去年からずっと忙しくて、今年もまだ生観戦出来てない。一昨年は東京以外の試合も含めてスタジアムで30試合観戦できたのに、去年は10試合。2シーズン制に抗議してソシオをやめ、スタジアムに行くのは減らそうと思っていたが、ここまで減らすつもりはなかった。いつになったら行けるのやら...。


さてこの試合、序盤の東京はコンディション不良なのか、ナビスコが無かった分試合勘の問題が出たのか、動きが緩慢。名古屋の寄せに対応できていなかった。CKからの失点シーンでも足止まってたし。

そんな中、試合の流れを変えたのはモリゲ。竹内との体のぶつけ合いでしたたかにPKを奪取。モリゲはPKのキッカーも務め、楢崎の正面肩口を狙ったシュートを見事に決めた。

さらにはシモビッチを完璧に押さえるわ、決勝点となる3点目を決めるわ、存在感が際立っていたモリゲ。一発レッドを食らったあのプレーは、せめてイエロー止まりにしておくべきだったのでそこは反省だが、ピッチからの退場時にしっかり時間をかけ、秀人がコミュニケーションをとる時間を確保する冷静さも見せた。

相手からすると思いっきりいやな選手に見えただろうけど、それは賛辞に等しいものだ。2010年のモリゲはただ激しいだけの選手だったけど、J2や代表やイタリア式守備の経験を積んで、ずいぶんと大きな選手になったものだ。「加地さん以来の大化けね!」と嫁も賞賛しております。



そんでな小川君、あんなに滑ってちゃだめよ。




↓ランキング参加中です。よければクリックしてください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »